た ら れ ば の 愚 痴 は 言 は ぬ と 明 け の 春

たらればの ぐちはいわぬと あけのはる

今さら過去は変えらません。
あのときの、あれが間違っていた、こうすればよかった、そもそももっと以前の選択がよくなかった。
そういうことなら、わたしは生まれたことがそもそもおおまちがいで、考えるだけムダです。
どこに行ったとしても、どんな道を選んだにしても、わたしはわたし。
きっと同じようなことをしでかして、同じような愚痴を言っているにちがいないのです。
今から此処からを考えるしかないのですが、まだなんか失敗しそう。
用心して、注意深く動くしかないと思うのです。

この句も読まれています。

雁渡る 英文タイプの リボン買う 英文タイプライター捨てずに持っている。 あの頃検定というものがあって、ぜんぜんだめだった。 スタートの声と同時にタブキーを押したら、 一番端までがーっと行ってしまって、「あっ」と言ったら、 それがでかい声で、自分で吹き出して笑いが止まらなくなってしまって、 おそらく最下位で落ちた。 とおい日のはなし...
半 日 で 墓 地 は 更 地 に ち ち ろ 鳴 く... ほんとうの昔の墓地だった。 整列せず、大小様々で、大きな、小さな墓石が長い年月雨に打たれ、何がぶつかったか、石のあちこちが欠け、それでも盆や彼岸にはところどころ小さな花が供えてあるのを目にする、そんな墓地だった。 日当たりはよかった。 朝はそのままだった。 夕方の帰り道、びっくりした。 更地になって...
踏 み 切 り の 向 こ う は 見 え ず 梅 雨 出 水... 土砂降りになった。空梅雨などと嘘ばっかり。 少し先も見えない。叩きつけるような雨。 電話も聞こえない。 滝壺のよう。 数年に一度、こんな雨に逢う。 30年ほど前、長崎の水害。...
居 心 地 の 良 か れ と 願 ふ 彼 岸 か な... あの世に召されて、親に逢えただろうか。 居心地の良い場所に連れて行ってもらえただろうか。 あらゆる心配ごとから解放されて、道に迷わず極楽とやらに着いただろうか。 いい人だったよね。 いるだけで楽しかったよね。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です