た ら れ ば の 愚 痴 は 言 は ぬ と 明 け の 春

たらればの ぐちはいわぬと あけのはる

今さら過去は変えらません。
あのときの、あれが間違っていた、こうすればよかった、そもそももっと以前の選択がよくなかった。
そういうことなら、わたしは生まれたことがそもそもおおまちがいで、考えるだけムダです。
どこに行ったとしても、どんな道を選んだにしても、わたしはわたし。
きっと同じようなことをしでかして、同じような愚痴を言っているにちがいないのです。
今から此処からを考えるしかないのですが、まだなんか失敗しそう。
用心して、注意深く動くしかないと思うのです。

この句も読まれています。

盆 の 浜 常 世 の 波 の 寄 せ 返 し ぼんのはま とこよのなみの よせかえし トコヨ。 お釈迦さまがおいでになるところ。 あの世。 盆には、亡くなった人びとが帰って来ると云います。 寄せては返す波も、遠い世界の波かもしれない。...
地 卵 は あ ま り に 小 粒 秋 深 し じたまごは あまりにこつぶ あきふかし ニワトリに配合飼料ではなく、自然由来の餌を与え、さらに放し飼いで育てていることで有名な養鶏場で玉子を買いました。 玉子はすべて茶色で、とても小さく、殻もしっかりしたものでした。 これなら玉子かけご飯が食べられそうです。 ブロイラーの養鶏場では、温度もそして日...
後 悔 も 身 を 切 る 萱 も 抱 へ 逝 く... こうかいも みをきるかやも かかえいく どう年齢を重ねていくのか、自分では決められませんが、出来ることなら、すべてを忘れ、自分に関わったあらゆる人の顔を忘れ、ご飯を食べたことも尿意も便意も忘れて死にたくはない。 膨大な後悔と反省と、そのせいでいつまでも続く心配を、責任を感じながら年をとる責任が、わ...
夏 草 や 廃 工 場 の ド ラ ム 缶 廃バンカー / koziro 生い茂る雑草、もうどうしようもない。 使われることのない建造物の荒れ方は どうだろう。 鉄は錆び、ガラスは割れ、かつての活況 は見る影もない。 夏草は工場の向かいの空き地、と言って もちょっとした遊具などあるだけだけど ベンチもなにもかもを覆い尽くす。 どうせ子どもなど...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください