た ら れ ば の 愚 痴 は 言 は ぬ と 明 け の 春

たらればの ぐちはいわぬと あけのはる

今さら過去は変えらません。
あのときの、あれが間違っていた、こうすればよかった、そもそももっと以前の選択がよくなかった。
そういうことなら、わたしは生まれたことがそもそもおおまちがいで、考えるだけムダです。
どこに行ったとしても、どんな道を選んだにしても、わたしはわたし。
きっと同じようなことをしでかして、同じような愚痴を言っているにちがいないのです。
今から此処からを考えるしかないのですが、まだなんか失敗しそう。
用心して、注意深く動くしかないと思うのです。

この句も読まれています。

「 空 飛 ぶ タ イ ヤ 」 【 1 】 池井戸 潤 作 ... 零細に毛が生えた程度の中小企業、赤松運送(仮名) 赤松運送のトレーラーが、33才の主婦を轢いた。 正確にいうと、トレーラーから外れたタイヤが歩道を歩いている主婦を直撃した。 即死。 トレーラーは、大手自動車会社三菱が製造している大型トレーラーである。 タイヤが飛んだ。 疑われたのは、整備不良。 過...
杉 玉 に 造 り 酒 屋 の 安 堵 か な あの丸い緑色の球は、杉の葉で作られているとのこと。 酒屋の玄関に、緑の杉玉には、お宮のお祓いがなされたのだろう、白い紙がつながったものが載せられている。 いい新酒が出来たのだろう。 空は青い。...
盆の日に 弔う人なく わびしくもなく... 墓参り、親戚回り、親族の集い、なーんにもしなくともよい。 所詮一人。 人などあてにはならぬ。
いっときを 休むを覚え 梅雨の入り... 気分転換が下手。 だけど最近、ようやく身につけた、いっときを休むこと。 ちょっとだけ考えることを止める。 朝早起きして、少しの時間を休む。 引きずらない。 せっかく大好きな梅雨の時期、大切に過ごしたい。 すべての樹々に、植物に恵みの雨が届くから。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください