た ら れ ば の 愚 痴 は 言 は ぬ と 明 け の 春

たらればの ぐちはいわぬと あけのはる

今さら過去は変えらません。
あのときの、あれが間違っていた、こうすればよかった、そもそももっと以前の選択がよくなかった。
そういうことなら、わたしは生まれたことがそもそもおおまちがいで、考えるだけムダです。
どこに行ったとしても、どんな道を選んだにしても、わたしはわたし。
きっと同じようなことをしでかして、同じような愚痴を言っているにちがいないのです。
今から此処からを考えるしかないのですが、まだなんか失敗しそう。
用心して、注意深く動くしかないと思うのです。

この句も読まれています。

牡丹(ぼたん)の芽 暗き底から 命噴く(ふく)... 牡丹は、咲いた花の美しさと、芽の出た時の力強さの印象がアンバランスでおもしろい。 まるで、深い地のそこから、湧き上がったような、力強い紅の芽には、命の息吹きを感じる。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
沙 羅 の 花 浄 土 へ 繋 ぐ 道 す が ら... しゃらのはな じょうどへつなぐ みちすがら 沙羅。 寒さに弱く、日本での越冬は無理とのこと。 夏椿をその代用に見立てたのではないかと。 むかしから仏教と縁の深い花で、白い控えめな花は、心を洗われるよう。 夕方に咲き、朝にはしぼむ一日花。 平家物語の冒頭。 思い通りにはいかない人生の、最後を導い...
震 災 に 止 ま り し 時 計 の 針 哀 し... 震災の時を知らせる、その時刻で止まった時計は、悲しみの時を告げる。 原爆で止まった時計を見たときも、同じように感じた。 その時刻で止まった時計は、日常がそこで分断されたことを、それまでは変わることのない日常があったことを、向き合う人に訴える。 大きな震災遺構と同じというか、それよりも大きく心に訴えか...
新聞に 冬菜くるみて 笑みこぼれ ちょっとこれ持って行きなさいって、大根一本だったり 二番目に育ったかつお菜だったり。にっと笑って差し出す。 こんなふうに歳をとりたいと思う。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください