そ の と き は そ の と き な り と 山 笑 ふ

横浜元町、ZOULI Cafeのランチコーヒー
横浜元町、ZOULI Cafeのランチコーヒー / akira yamada

心配ごとが絶えない。
ほとんどは、心配したって、しょうがない。
そして、わたしの想像した方向へは向かない。
だったら考えるのをやめよう。
新しく開店した店で買って来たコーヒーを淹れよう。
ひとりのティータイムとしよう。

この句も読まれています。

空遠い 山も遠かり 秋の日は 空気が澄んでるせいでしょうか、空も山も遠くてくっきりと見える秋は好きです。
心 眼 を 開 く ど こ ろ か 目 借 り 時... 物事の本質を見極める。 人の言葉ではなくその奥にあるほんとうの気持ちに気づくことができるようになればすばらしいと思うのです。 そんなどころではない現状です。 日々の些末なことに追われて、見極めるどころか落ち込んだりぷんぷん怒ったり。 まことにしょうもない日々を送っています。 『蛙の目借り時』とは、春...
けいとうの 赤きとさかに 昔を思う... なんであんな奇妙な植物を、昔の人は大切にしたんだろう。どう見てもきれいじゃない。雄鶏の鬱陶しいとさか、そのまま。いまの鶏頭は、品種改良されたのか、上品な小型種ばかり。小学生の頃、近所の農家の軒先には、立派な鶏頭が勝ち誇ったように赤いとさかをさらしていた。その家に、同級生がいて、たまに遊びに行ったもの...
若すぎて 葬儀の写真 山笑う はたしてどなたの葬儀か、一瞬戸惑う。 あんまり現実を写したものを飾る必要はないし、幸せな充実したときの 顔がいいのだけど。 探してなかなか見つからなかったのでしょう。 うちの婆ちゃんは、老人会で旅行したときの写真を使ってくれと、 すべての身内に遺言してたけど、あれから三十年もたって、 結局若い写真に...