そ の と き は そ の と き な り と 山 笑 ふ

横浜元町、ZOULI Cafeのランチコーヒー
横浜元町、ZOULI Cafeのランチコーヒー / akira yamada

心配ごとが絶えない。
ほとんどは、心配したって、しょうがない。
そして、わたしの想像した方向へは向かない。
だったら考えるのをやめよう。
新しく開店した店で買って来たコーヒーを淹れよう。
ひとりのティータイムとしよう。

この句も読まれています。

黴 (かび) 臭 き ジェーン エア 出 す 夜 長 か な... もうすっかりセピア色に変色して しまったけれど、捨てられない本 を引っ張り出してみる。遠い若い 日に、あんなに興奮して読み漁っ た小説は、今さら何処か人ごとで ヒースという潅木の広がる荒地や そこを渡る風の強さ、匂い、ドア の軋みや部屋の灯りの暗さばかり に心が行ってしまう。年をとった からだろ...
いのこずち 投げて届けよ 我が想い... いのこずちは、触ったり投げたりすると、衣服にぴたっと付いて、離れません。 セーターなど毛糸ならなおさらです。 自分の想う人にあんなふうにぴたっと、伝えられたらどんなに楽だろうか。...
胡 桃 割 る 力 加 減 に 力 込 め 胡桃を割るのには、おおむかしはペンチを使っていたけれど、今はもうくるみ割り器で割る。 でも、力加減が必要なのは同じだから、とても気を使う。 弱すぎれば、もちろん割れないし、ばか力を発揮すれば、粉々になって、胡桃と殻が混ざってしまうし、後始末もたいへん。 ということで、肩に力が入り、眉間にしわを寄せて...
夏 薊 葉 の 棘 ば か り 強 く な り 薊の花は暑さの中よく耐えて咲く。 小さな濃い赤紫は、ますます濃く、花は小さく野にあっては可愛らしい。 そして葉っぱは、よりたくましく育ち、誰も触れさせないといった風情。 花の大きさとはアンバランスな、大きく逞しい棘ばかりが目につく。...