そ の と き は そ の と き な り と 山 笑 ふ

横浜元町、ZOULI Cafeのランチコーヒー
横浜元町、ZOULI Cafeのランチコーヒー / akira yamada

心配ごとが絶えない。
ほとんどは、心配したって、しょうがない。
そして、わたしの想像した方向へは向かない。
だったら考えるのをやめよう。
新しく開店した店で買って来たコーヒーを淹れよう。
ひとりのティータイムとしよう。

この句も読まれています。

底冷えの 今宵は降りぬか 別れ霜(しも)... 昼間は暑いほどなのに、明け方は恐ろしく冷える日がまだある。季節外れの霜を見るのはそんな朝。いつもの冷えとはちがう、とてつもない寒気に身震いする。...
冬 ざ れ や 鎌 倉 抜 け し 歴 史 本 國史大系 / Mixtribe Photo オヤジが死んだとき、歴史の本を読みたがっていたと、アホな母親は、棺に、約30巻の歴史のシリーズ本の中から、鎌倉時代を持ち出して入れた。葬儀屋の人は迷惑していた。ぶ厚い本は焼くのが大変だと、ページを少しずつまあるくして、風というか火が通りやすいように工夫して...
新酒(しんざけ)の 表面張力 春隣... 新酒の季節。 利き酒用の、ぐい呑みに、ぎりぎり一杯ついでもらう。 つぐ方も上手なら、一滴も溢さず、飲むわたしも上手。 春は隣。 行きは寒々、帰りはうらら。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
石切り場 一時雨(ひとしぐれ)きて 日は暮れて... 石切り場のあの無味乾燥な雰囲気が、一雨くると 表情を変える。 石は濡れて潤い、瑞々しい。 この先ひと雨ごとに秋から冬へ季節は移ろう。 柿や銀杏の落ち葉が楽しげに散るのとはちがい、 大きな石が尖ったままに雨に濡れるのは迫力がある。 雨が降るたびに、落ち込むことができるというか、 それほど頻繁に辛いこと...