そこに居り 庭師の休憩 天道虫

思わぬところで、テントウムシに出会う。
サイドミラーを開くとき、そこにいた。
ニセモノの観葉植物の葉の先で見た。

この句も読まれています。

氷割り たかが梅酒と 赤い顔 ほかに飲むものがないから、仕方なく口にした梅酒だけど、 甘いわりに効く。
月凍り 何も思わず 居れと言う 夕方からずんずん冷え込み、小さく凍りついた月がくっきりと夜道を照らす。働くということは、何かと屈辱的な場面に出会うもの。こだわるべきか、流すほうがいいのか、基準は自分が楽なのはどっちかということ。どこまで我慢するのか。今度同じことが起きたらどうするのか。考えたらきりがないし、体にも悪い。とりあえず今...
冬枯れて なお堂々と 風知草 風知草は、繁っているときも花はなく、あくまで草でありますが、貫禄があって なかなか素敵です。 枯れて枯れて、もうすっかり茶色になってしまっている今日この頃ですが、 それでも一番見えるところに鉢を置いています。 枯れてもみせる草ってないものです。...
立 葵 言 は れ る が ま ま 咲 き 登 り... たちあおい いわれるがまま さきのぼり なんとも屈託のない昭和の花といった風情の花です。 梅雨時の花として語りつがれ、1mくらいの高さで、直立しており、下から上へと順序良く花が咲いていくきます。 色はさまざまで、ピンクや赤、真紅など華やかです。 紫系やオレンジ系はないようです。 てっぺんまで咲くと...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください