そこに居り 庭師の休憩 天道虫

思わぬところで、テントウムシに出会う。
サイドミラーを開くとき、そこにいた。
ニセモノの観葉植物の葉の先で見た。

この句も読まれています。

路線バス 冬の川沿い 辿るごと 路線バスは毎日の仕事だろうが、初めて乗る人には、心をうたれることがある。 暗い暗い夕暮れ時、バスは狭い道を走る。 停留所から停留所までがやたらと遠い。 道は川岸をぴったりくっついて、川は蛇行して流れも速い。 大きな石がごろごろしていて、川岸には水草も多い。 どこの停留所でもあまり人の乗り降りはなく、...
だ か ら 何 そ れ が ど うし た 稲 雀 (いなすずめ)... Eurasian Tree Sparrow - adult (Passer montanus malaccensis) / Lip Kee とかく世の中は、人のことを とやかく言うものである。誰 に迷惑をかけるでもないこと を、なんだかんだと言い立て る。何処で何を言われている やら、知ったことで...
延々と 古いシネマの 街に酔う 古い邦画を見るのが好きです。女優さんの服や細いウエスト、そして現代とは全然ちがう息 の仕方、声の出し方いろいろおもしろい。山本富士子なんて息を吸い込みながら、声を出す。...
水温む 牡丹の芽吹き 桜の芽 風はまだまだ冷たいけれど、確実に春が近づいている。 桜の芽、もみじの芽はふくらんで、 ぼたんは地面からまっすぐに、赤緑色の奇妙な芽を伸ばし始めた。 なにかわからない、いろいろな新芽があちこちに、顔を出し、 自然界の確実さに驚く。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください