そこに居り 庭師の休憩 天道虫

思わぬところで、テントウムシに出会う。
サイドミラーを開くとき、そこにいた。
ニセモノの観葉植物の葉の先で見た。

この句も読まれています。

もみぢ踏み あしたのことの 気にかかり... もみぢの季節が大好きで、一年中待っているのに、 さあ十一月となると、煩雑な用事や、突発的な 身内の問題や、そこまで言わなくてもと思う 職場の上司や、あたしの落ち度に気を良くして、 ルンルンのとなりの席の人のにんまりといいこぶっているところが 妙に不愉快で、この大切な季節を逃そうとしている。 わたしが...
春暑し 喪服の衿の 汗ばんで 夏ならば夏の喪服だけれど、春は冬と同じ。朝夕は寒いけれど、昼間の暑さはもう初夏のよう。黒い喪服の衿がじっとり汗ばむ。弔いの席だというのに、そんなことを思う。人間なんてそんなもの。いつもいつも誠心誠意でなんていられない。疲れている…と思う。...
池の鯉 大夕立に 怖れなす 叩きつける雨。 大粒。 池が波立つ。 鯉は喜ぶかと思いきや、湖底に身を潜めているようだ。
気 の つ け ば 顔 母 に 似 て 春 愁 ひ... 夜中にふいと鏡の前を横切り、ぞっとした。 死んだはずの母がいた。 むかしは、似てなくてよかったと思ったものだけど、なんだ結果的にそっくりじゃないか。 神風特攻隊でも、網走番外地でさえも、母上、母ちゃんと慕うというのに、わたしには子どもの頃から母がいない。 それなのに、似たくない顔だけ似るなんて、あん...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください