せみしぐれ 一言多いと 怒られて

気をつけて、気をつけてしゃべっているつもりが、
ぽろっと余計なことを言う。 
わたしはよくあるのです。
こんなに注意しているのに、もう馬鹿としか言いようがない。

この句も読まれています。

田 植 え 着 の 泥 の 乾 き し ま た 泥 に... たうえぎの どろのかわきし またどろに いくら機械化が進んだとはいえ、田植えは泥の中の肉体労働にかわりはありません。 汚れて濡れてもこの日差し、昼ご飯までにはすっかり乾き、午後からも泥の中作業が続きます。 天候にめぐまれますように、台風や水害にあいませんように、豊かな実りを祈りつつ、近所と共同...
浮塵子(うんか)まとい 払い払いの ビール買い... 顔の周りに、小さい虫が集団になってまとわりつく。うんかというらしい。 むかしはよく見たが、最近は珍しい。 払い払い、ビールの買い足しに、秋の日暮れを行く。 こんな用事はまめにこなす。...
時 雨 る や 家 中 大 根 煮 る 匂 ひ 明け方から冷たい雨。 長いこと天気のいい日が続いたから、庭木は喜んでいるだろう。 わたしは、雨になると、掃除をしたくなる。 最近は、洋服の端切れを引っ張り出して、見よう見まねで小物を作ったりしているから、生地を置いている棚が何とは無しに乱れがち。 着物を解いた生地、洋服の生地、勿体なくて捨てられない...
推し量る  術(すべ)ばかり得て 秋の月... 大人の顔色ばかりみて、育ってきたせいか、いつもいつも人の気持ちばかりこそこそと見る癖がついてしまっている。 まるでしみのように、消えない、癖のようなものか。とても疲れるけど、それ以外の気持ちの持ちようを知らない。ただ長い年月の間に、まるで自由奔放に振舞っているかのように見せる術は身につけたと思う。み...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください