せみしぐれ 一言多いと 怒られて

気をつけて、気をつけてしゃべっているつもりが、
ぽろっと余計なことを言う。 
わたしはよくあるのです。
こんなに注意しているのに、もう馬鹿としか言いようがない。

この句も読まれています。

なめこ汁 つるりと喉を 越しにけり... ぬるぬるしたものが好きです。 おくら、なめこ、じゅんさいなどなど。 あついなめこの味噌汁、だしは普通です。 いりこか鰹節…前の日に煮立たせてほうって置きます。...
立ち漕ぎ(こぎ)を 披露の歓声 ぶらんこの子... わたしは小さい頃から、大きくぶらんこを漕ぐことが苦手だった。 はじめはいいけど、だんだん高く上がると、一瞬たわむ感じになる、 それが恐いのです。 立ち漕ぎなんてとんでもない。 目線が高くなって、揺れを大きく感じるし。 世の中にはたくましい子どもが多いものだと思う。...
福子の 職場 いじめられ日記(2) 福子の職場は支店です。そう遠くない ところに本店があります。本店では研 修もあります。本店の組長は団塊世代 の女子で、やり手です。ただ何故か福 子のことをとても嫌っています。理由 はよくわかりません。わたしが生意気 だと思われてのことでしょうか。もう 半年以上も前のこと、わたしは本店で 研修を受けま...
籾 筵 安 寿 恋 し や ほ うや れ ほ もみむしろ あんじゅこいしや ほうやれほ 森鴎外 「 山椒大夫 」 むかしむかし「人さらい」という悪党がいたころ、母親とムスメ、ムスコが渡し舟を待っていたところ、言葉巧みに子ども二人がさらわれてしまいました。 お姉ちゃんは安寿、弟はズシオウ。 たいへんな苦労の果て、安寿は弟を逃がし、自分は入...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください