せみしぐれ 一言多いと 怒られて

気をつけて、気をつけてしゃべっているつもりが、
ぽろっと余計なことを言う。 
わたしはよくあるのです。
こんなに注意しているのに、もう馬鹿としか言いようがない。

この句も読まれています。

ダ ム 底 に 冬 山 ひ と つ 呑 み 込 ま れ... だむぞこに ふゆやままるごと しずめられ 那珂川町の奥、正式には佐賀県吉野ヶ里町。 呆れるほど大きなダムが出来上がりました。 五ケ山ダム。 それまでは、ただただ山があるだけの、パン屋と豆腐屋だけの、静かな憩いの場所でした。 湧き水も豊富。 ダムができ、四車線の道路ができ、静かな山は、まる...
秋澄むや 出勤のごと 職安に とにかく落ち着かない。前向きなんかでは決してなく、何か次を抱えてないと不安で仕方がないだけ。不採用になったとき、次にすることや、待ってるものがないと、へこむから、外からみると、活動的で元気に見えるようだ。自分的には不安神経症だと思う。...
摩 崖 仏 滴 り の 消 す 削 の 痕 まがいぶつ したたりのけす のみのあと いつの頃に彫られたものでしょうか。 長い長い気の遠くなるような遠いむかしのことでしょうか。 岩にのみを当て削って造られた仏さまであるから、山から時間をかけて浸み出したり、滴り落ちる山の水は遮りようもなく、またそれも仏の恵みと解釈されたかもしれません。 年月は...
たゆまなく 代掻きのあり 夏は来ぬ... 米作りはおお仕事。毎年同じ時に、おなじ作業や準備をしなければならない。 代田作りは毎年いまごろ、そそして田植え、炎天下の草取りなどなど。 そうしているうちに人が死ぬ。 法事もやらなければならない。 心が落ち込むこともあるでしょうに、野菜もコメも動物も待ってはくれない。 どれだけのストレスなのだろうと...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください