ずれずれの 福笑いままの 顔のあり

わたしは妹と仲がとても悪い。
小さい頃から要領のいい妹と、空気の読めないわたしは仲良くできなかった。
まま母に、わたしをチクることで、身の安全を確保した
妹を、わたしは今になっても許すことができない。
おそろしく目の離れた顔をしていた。ほとんど耳の上。
身長のわりに、肩幅が広かったが、顔のでかさはそれを大きく
上回っていた。その顔のでかさに、対向車が急ブレーキを踏んだという
逸話があるくらいだ。魚で言うと、鮟鱇(あんこう)であろうか。
福笑いの、ずれた出来上がりを見て、思い出した。
妹は今も、まま母と仲良くしているんだろう。
あんな調子のいい人間が、血のつながった妹とはときどき信じられない。
それに鬱陶しいほど見栄っ張りだし。

この句も読まれています。

折 れ た る も 端 座 し て お り 葱 畠... ねぎ / hiyang.on.flickr 長い畝の先の先まで、葱一色。よおく見ると、途中で折れ曲がったり、少し色が変わったものもあるが、きちんと整列して参加している。冬のはじめの風景です。...
咲 き 初 め の 桜 な れ ば や 雨 も 愛 で... Cherry blossoms, 桜咲く. / T.Kiya 一部咲き、二部咲きであれば、散る心配がない。 滋養の雨となり、桜を慈しんでいるかのよう。 朝夕は、まだ寒さの残る、この気候なら、桜の寿命も延びようか。...
夕立や 木々が喜ぶ 息をつく 水をやる人のない、街路樹や植えっぱなしの木々が、喜ぶのがわかるのです。 ああ、これでしばらくは生き延びるだろうと、ホッとしているのです。...
盥 ほ ど 空 き 地 の あ ら ば 茄 子 植 う... たらいほど あきちのあらば なすびうう なすびの花、なすびの色。 とくに肥料などやらずとも、まあまあのナスは収穫できます。 日当たりのいいわずかな土地があれば、それなりに楽しめるものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください