ずれずれの 福笑いままの 顔のあり

わたしは妹と仲がとても悪い。
小さい頃から要領のいい妹と、空気の読めないわたしは仲良くできなかった。
まま母に、わたしをチクることで、身の安全を確保した
妹を、わたしは今になっても許すことができない。
おそろしく目の離れた顔をしていた。ほとんど耳の上。
身長のわりに、肩幅が広かったが、顔のでかさはそれを大きく
上回っていた。その顔のでかさに、対向車が急ブレーキを踏んだという
逸話があるくらいだ。魚で言うと、鮟鱇(あんこう)であろうか。
福笑いの、ずれた出来上がりを見て、思い出した。
妹は今も、まま母と仲良くしているんだろう。
あんな調子のいい人間が、血のつながった妹とはときどき信じられない。
それに鬱陶しいほど見栄っ張りだし。

この句も読まれています。

凌 霄 (のうぜん) や 盛 り の 朝 に 人 の 逝 く... ノウゼンカズラ / zamojojo ノウゼンカズラの勢いには気圧される。 夏の盛りに、勢いよく立ち昇り、昇り きって空を掴むと、なだれ落ちる。 今日も暑くなるだろう。 こんな朝に、あの人は逝った。こんな 朝に。...
鼻歌を 花歌と書きおり あたたかし... 葉書をもらった。 少しずつ春になっていくのが嬉しいと。 花歌が知らず知らずのうちに出ると書いてあった。 たしかに、この季節、鼻歌より、合ってるような気もする。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
馬 跳 び の 頭 は 下 へ 小 春 風 暖冬とは聞いていたけれど、それにしても暖かい日が続いた。 小春日和そのもの。 小学校の校庭に子どもらの声。 バスケットボールのパスの練習をしているよう。 投げては後ろに回り、その繰り返し。 むかしからおんなじ。 わたしは、跳び箱が怖くて、ついに跳べないままだったけど、馬跳びはできた。 危ないから、頭...
芒 原 お ず お ず 赤 き 穂 の 少 し すすきはら おずおずあかき ほのすこし この夏の暑さにもかかわらず、植物は、ほとんど例年通り時季が来れば枯れたり、また芽を出したりします。 今年のススキは気のせいか、暑さに少々おじけづいてそろり様子を見ながら、穂を出しているように感じます。 ススキは初め、赤い穂を習字の筆のように固めた状態で出...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください