す か ん ぽ や 鞄 ( かばん ) 蹴 り 蹴 り 帰 り 道

小学生は平常運転
小学生は平常運転 / fukapon

気候がよくなった。
布製のお手製の鞄を、肩から斜めにかけて歩いていたけれど、別に急ぐ道でもなし、膝で、ぽかんぽかんと蹴飛ばしながら、あるいてみた、田舎道。
子供の頃はよくやった。
体操服や、給食袋、蹴っ飛ばしながら歩いた、下校道。

この句も読まれています。

蓮の田の 枯れて冷たき さまもよし... 冬のレンコンの田んぼ、泥沼の中に枯れ枝がたっているような もの悲しい光景です。 それはそれでいい。
図書館に 咳(せき)の響いて 冴返る... インフルエンザ真っ盛り。 広い館内の、何処かで、誰かが咳き込んだり、くしゃみをしたりすると、 悪い風邪ではないかと、みなさんが震えあがる。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
春の潮 白波蹴立て 迫り来る 春の有明海、干満の差が激しく、また絶好の 潮干狩り日和。 船が沖に出ると、見る見るうちに潮が引く。 一面の砂地。 恐ろしいのは満ちるとき。 遠い地平線から、白波がひたひたと、 さらにひたひたと、押し寄せてくるのです。 あっという間に船は、大海原に浮かんでいるのです。 もし乗り遅れたら、と思ってしまう...
愛憎の 過ぎて静かに ほととぎす 人を好きになり、そしてうまくいかず、愛情が憎しみに変わったり、戻ったり、 そんなこんなの年月を経て、静かに振り返ることができる日がやってくるように思います。 ホトトギスはそんな気持ちに合う花です。 静かで、控えめ、だけど自分は自分、わたしはこの花が好きです。 遠い昔を振り返れば、いろいろ後悔もあるけ...