す か ん ぽ や 鞄 ( かばん ) 蹴 り 蹴 り 帰 り 道

小学生は平常運転
小学生は平常運転 / fukapon

気候がよくなった。
布製のお手製の鞄を、肩から斜めにかけて歩いていたけれど、別に急ぐ道でもなし、膝で、ぽかんぽかんと蹴飛ばしながら、あるいてみた、田舎道。
子供の頃はよくやった。
体操服や、給食袋、蹴っ飛ばしながら歩いた、下校道。

この句も読まれています。

夏を吐く 夕餉(ゆうげ)の隣 蚊遣り豚... 蚊取り線香の季節になった。蚊は大嫌いだけど、蚊取り線香の匂いは好き。夏の匂い。夕暮れ時、網戸にして、簾を下げて、夕御飯を食べる。日が長い。豚は隣で煙を吐いている。今日も終わった。長かった。...
六 月 の 霊 園 動 か ぬ 傘 の あ り 雨の中、命日のお参り、そそくさと済ませ帰ろうとするところ、じっと佇む傘のあり。新しい仏様か。厳しい状況なのか。そんな日もある。そんなこともあった。...
夏 夕 焼 け 海 は 遠 く に な る ば か り... なつゆやけ うみはとおくに なるばかり 海に見る夕焼けは、壮大でこの上なく美しい。 最近は、というかずいぶん前から街は沖に沖に埋め立てられ、むかしの町並みははるか遠くに見えないほどになってしまいました。 造られた新しい街並みは、大きな道路が通り、美術館に博物館、高層マンションなどが整えられ、生...
放生会 親の因果が 子に報い 福岡市東区のハコ崎宮、秋の祭りにはたくさんの屋台や出店ができます。 にしきへびのしっぽを持った人、となりには、懐中電灯の動くとおりにうつろな目を動かす婦人 上半身だけが見える仕掛けで、つまり頭は人間、足はなくて、へびのしっぽがついている、ということなの です。 そのしっぽを持った人が、歌うように言う...