す か ん ぽ や 鞄 ( かばん ) 蹴 り 蹴 り 帰 り 道

小学生は平常運転
小学生は平常運転 / fukapon

気候がよくなった。
布製のお手製の鞄を、肩から斜めにかけて歩いていたけれど、別に急ぐ道でもなし、膝で、ぽかんぽかんと蹴飛ばしながら、あるいてみた、田舎道。
子供の頃はよくやった。
体操服や、給食袋、蹴っ飛ばしながら歩いた、下校道。

この句も読まれています。

胃ろうする 秋の彼岸の 便りあり 遠く離れた地にいる、縁の薄い母が、病気が進んで、食べられなくなり、胃に穴を開けて、直接栄養のリキッドを入れる手術をすることになろうと連絡のあり。体が徐々に動かなくなる病で、五月の母の日に花を贈ったときには、かろうじて、ありがとうと言えた。もうかなり進んだのだろう。胃ろうをすれば、かなり長く生きる。身...
雪 だ る ま 生 き 辛 き 世 よ 子 ど も ら よ... 新学期が始まった。 日本のあちこちで、子どもの自殺が続いている。 死ぬほど辛いのだろう。 まだ子ども。 いじめは加減を知らない。 徒党を組む。 学校はあてにならない。 相談したがために、なお一層酷いことになった話もよく聞く。 相談を取り合わない教師もいる。 信じがたいことに、いっしょになって、いじめ...
大地には 芽吹きの音す 雪の舞う 蔦、梅、かえで、木の名前はあまり知らないが、 春が近づいているのは、わかる。 来月になれば、「つぼみも大きくふくらんで、」と なるだろうきざしが、あっちこっちにすこうしずつ。 なのに、もう、人間関係につまずいている。 今年はどうなるのか、一年中つまずきっぱなしなのかな。 それも二箇所で、つまずいた。...
陰もなし 遺跡発掘 汗しとど 発掘の人たちは、ツバの広い布のぼうしに、タオル、手は腕カバーみたいなものをして、 深い穴を掘っていた、柱の跡でもあったのだろうか。 下で掘る人、土を受け取る人、一輪車に載せて、捨てに行く人。 ジリジリと暑い。...