す か ん ぽ や 鞄 ( かばん ) 蹴 り 蹴 り 帰 り 道

小学生は平常運転
小学生は平常運転 / fukapon

気候がよくなった。
布製のお手製の鞄を、肩から斜めにかけて歩いていたけれど、別に急ぐ道でもなし、膝で、ぽかんぽかんと蹴飛ばしながら、あるいてみた、田舎道。
子供の頃はよくやった。
体操服や、給食袋、蹴っ飛ばしながら歩いた、下校道。

この句も読まれています。

団 塊 が 絶 滅 鰻 喰 ひ 尽 く し だんかいが ぜつめつうなぎ くいつくし 産めよ殖やせよの号令一下、言われたとおりにするかなまったく。 生産性のあるうちはよかったものの、今となっては完全に年金のお荷物世代。 図らずも若者の重荷となってしまいました。 ニホンウナギの絶滅危惧種指定まで、団塊世代のせいにするのは、いくらなんでもあ...
引 く 潮 の 取 り残 し た る 鰯 雲 海も空も秋の風情。 水平線までも、いちめんに走るように広がったいわし雲。 まるで潮の引くとき、引かれてしまうようなそのさま。 見飽きることのない、秋の風景。...
トンネルの 丸い出口も 春深し トンネルの出口がそろそろ見えてくるころ、切り取られた丸い景色は 春爛漫。 日差しも春、山も木々ももくもくとして、一面春。...
大 花 火 消 え か か る と き ほ う と 言 ふ... おおはなび きえかかるとき ほうという 全国で花火大会が続いています。 ひとつひとつを堪能する暇はなく、最近はみごとな大花火も、惜しげもなく連打です。 息のつけないような競演のあと、ようやく人は、「ほう」と感嘆の大きなため息をつきます。...