し ゅ ん し ゅ ん と 湯 の 沸 る 音 秋 灯 下

しゅんしゅんと ゆのたぎるおと しゅうとうか

釣瓶落としの日暮れ。
日が落ちれば、すぐさま冷えてくる秋の夕方、そして夜。
わたしには、一年でいちばん素敵な季節です。
ですから、暖房は、いろいろ試してみました。
快適な秋の夜長を過ごすために。
先ずはエアコン。
部屋全体を暖めるには、うちではこれしか対応できません。
足元が冷えるので、ガスストーブ。
これは、威力はあるのですが、情緒がないうえに、ほんの少しですが、付けたとき、ガスの臭いが気にかかります。
電気ストーブ、これはとても便利なのですが、空気がとても乾燥するような気がするので、加湿器も使うことになります。
水に塩を入れるタイプが珍しかったので、購入したのですが、塩のあんばいが濃すぎても薄くても蒸気が出ないので、なかなか面倒です。
最後はやっぱり灯油のストーブ。
アラジンという、有名なのが欲しかったのですが、部屋が狭いので、どうも危なっかしいのと、値段が高いので、諦めました。
昔ながらの、背中がぺったんこの普通のやつですが、ホウロウの鍋に水を入れておくと直ぐに沸騰して、しゅんしゅんといい音を立てます。
湯気で、気分もほっこりします。
灯油を買いに行くのと、補充するのが、恐ろしく面倒で、厄介なのですが、やっぱり今年もこれでいこうと思います。
コトコトミシンを踏んだり、チクチク手縫いしたりも、楽しいものです。

この句も読まれています。

寂しさが 渦を捲き来る 虎落笛 冷たい風が、電線をうならせて、ヒューヒューとなんともやりきれない音を出す。 コートの襟を立てて歩く。寒さは変わらない。悲しみ寂しさが自分を真ん中にしてつむじ風を起こしているような気が する。虎落笛のなく日は、こころが凍える。...
向日葵の 見守る 炎天外仕事 とにかく暑い。しごとなら、熱中症がなどと言ってもいられない。 生きるために、其処此処で頑張るしかない。...
風薫る トンネルの先 おいし茶屋 太宰府天満宮の裏、麻生太吉が江崎イシのために掘ったと言い伝えられるレンガのトンネルを通る。新緑の樹々は生い茂り、ほんの短いトンネルの先は明るい。 トンネルの中は冷んやりとして、出るとそこには幟や看板があるでもなし。 茶屋が一軒。観光客はここに辿り着く前に参道で、梅ヶ枝餅を買うことがほとんどなのだけど...
機 械 と は い ふ て も 田 植 へ の 腰 に 来 る... 100523_taue_akita / ivva 植えるのは田植え機。確かに。 でも箱苗を運んだり、積み上げたり、セットしたり、下準備の大変なこと。 むかしの人とは比べものにならないほど楽になったが、それでもこたえる。 やがて植田一面に水が張られ、また一年が始まる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください