し ゅ ん し ゅ ん と 湯 の 沸 る 音 秋 灯 下

しゅんしゅんと ゆのたぎるおと しゅうとうか

釣瓶落としの日暮れ。
日が落ちれば、すぐさま冷えてくる秋の夕方、そして夜。
わたしには、一年でいちばん素敵な季節です。
ですから、暖房は、いろいろ試してみました。
快適な秋の夜長を過ごすために。
先ずはエアコン。
部屋全体を暖めるには、うちではこれしか対応できません。
足元が冷えるので、ガスストーブ。
これは、威力はあるのですが、情緒がないうえに、ほんの少しですが、付けたとき、ガスの臭いが気にかかります。
電気ストーブ、これはとても便利なのですが、空気がとても乾燥するような気がするので、加湿器も使うことになります。
水に塩を入れるタイプが珍しかったので、購入したのですが、塩のあんばいが濃すぎても薄くても蒸気が出ないので、なかなか面倒です。
最後はやっぱり灯油のストーブ。
アラジンという、有名なのが欲しかったのですが、部屋が狭いので、どうも危なっかしいのと、値段が高いので、諦めました。
昔ながらの、背中がぺったんこの普通のやつですが、ホウロウの鍋に水を入れておくと直ぐに沸騰して、しゅんしゅんといい音を立てます。
湯気で、気分もほっこりします。
灯油を買いに行くのと、補充するのが、恐ろしく面倒で、厄介なのですが、やっぱり今年もこれでいこうと思います。
コトコトミシンを踏んだり、チクチク手縫いしたりも、楽しいものです。

この句も読まれています。

柿の実の 色づくごとに 息白く いまこの秋をかみしめないと、もったいない。 秋はすすんでいく、その一歩一歩が素敵です。
子 遍 路 に 青 葉 風 呼 べ 遍 路 杖 こへんろに あおばかぜよべ へんろづえ 数年前の桜のころ、爺ちゃん婆ちゃんに連れられた、子どものお遍路さんに出会ったことがあります。 それなりの遍路装束が愛らしく、記憶に残っています。 遍路に持つ杖を、遍路杖、または金剛杖と呼びます。 肉体的、精神的に遍路の行程を支える大切な道具です。 杉...
深 閑 を 切 り 裂 い て 狩 る 鵙 ( もず ) の 性 ( さが )... Bullheaded Shrike enjoys autumn sky / coniferconifer わりと綺麗な色をしている。まるまるとしている。虫や蛙、小さな鼠や、驚くことに小さな鳥まで襲うという。くちばしと鋭い爪が武器。獰猛で激しいのも生きるため。...
喉 元 を 過 ぐ れ ば 亀 の 鳴 き まくり... のどもとを すぎればかめの なきまくり あ〜しまった。やめとけばよかったと反省しきり。 しばらく元気のなかったアイツ。 被害が思ったほどではなく、修復可能と知ったやいなや反省はどこへやら。 ふんぞり返って、だからどうしたそれがなんだって顔つきがシャクに触ります。 さっきまで、壁に投げつけら...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください