し め 縄 に 稔 り の 稲 穂 そ の ま ま に

しめなわに みのりのいなほ そのままに

道の駅のしめ縄コーナーの端っこで見つけました。
稲穂をそのまま。
くるりと巻いて止めただけ。
あまりに質素で、華やかさもなく、でも考えてみれば、これがいちばん贅沢なしめ縄かもしれません。
お米がそのまま実った状態ですから。
むかしの人が見たら、もったいないと眉をひそめそう。
みかんや鶴や、金や銀をあしらったものより、素敵です。

この句も読まれています。

茄 子 漬 け や 入 山 規 制 麓 村 なすづけや にゅうざんきせい ふもとむら 宮崎県と鹿児島県の県境、新燃岳の火山活動が活発らしい。 火山性ガスやらの噴出があって、鹿児島県伊佐市では今年の稲作を諦めなければいけない状況とか。 長い間おとなしくしていたものが、急に噴煙を上げ、生活をおびやかすことを、普賢岳の火砕流で見たはずなのに、...
針 無 し の ホ チ キ ス 緩 く 日 脚 伸 ぶ... はりなしの ほちきすゆるく ひあしのぶ 針を使わないホッチキスが世に出てもう長いけれど、はじめの頃こそめずらしさも手伝ってその細かい仕組みに目を見張ったものですが、わりとカンタンに外れることも多いと知りました。...
雪間葱 根の深くして 春を待つ 雪の間を見つけて、葱を収穫した。 髭根ながら、多くて深い。このねぎに この根っこと思うくらいの育ち方。 これで春を待つのだろう。底力があれば 冬は越せる。...
わが身には 栗飯食うた 記憶なし 栗ご飯、秋の食卓、栗を剥くのはとても手間がかかって、大変 食べる家族の喜ぶ様子を思いうかべながら、支度をするのでしょう。 そんな手間のかかる、食卓を囲んだ記憶がありません。 まずくて吐きそうになりながら、目に涙を浮かべながら、むりやり詰め込んだ記憶ばかりです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください