し め 縄 に 稔 り の 稲 穂 そ の ま ま に

しめなわに みのりのいなほ そのままに

道の駅のしめ縄コーナーの端っこで見つけました。
稲穂をそのまま。
くるりと巻いて止めただけ。
あまりに質素で、華やかさもなく、でも考えてみれば、これがいちばん贅沢なしめ縄かもしれません。
お米がそのまま実った状態ですから。
むかしの人が見たら、もったいないと眉をひそめそう。
みかんや鶴や、金や銀をあしらったものより、素敵です。

この句も読まれています。

檸檬とは こんなに大きく 連なって... 檸檬とは、手の届かないくらい大きな木に、みかんのように実がなるものと 思っていました。鉢植えの檸檬の木にも、りっぱな実が連なってなっているのを見て、 驚きました。...
今朝の雨 受けて弾いて(はじいて) 枯れすすき... もう綿帽子寸前の、枯れすすき。 雨に打たれて、しょれんとしているかと思いきや、 上手に受け流し、何事もなかったよう。 大したもんだとおもった。...
い く つ も の 断 念 の 先 今 朝 の 秋... いくつもの だんねんのさき けさのあき 目標を目指し努力して達成できる有能な人もいるけれど、いろんな夢を見て順番につぶれてきたというか、諦めてきたわたしのような人もいるはずです。 あきらめたからって、不幸というわけでもなく、それなりに脇道を来てこんにちに至っているわけで、能力相応といった感じです...
山 藤 で な け れ ば な ら ぬ 生 く る た め... やまふじで なければならぬ なかぬよに 藤の名所といわれるところ、大きな藤棚が組んであり、その上を這う藤の木から長い房が落ちる。 その長さを競い、藤の花目当ての観光客が集まります。 山の藤は、他の樹々に寄りかかりながら、自力で上を上を目指します。 そしてあちこち引っかかりながら、濃い紫の花が地面に...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください