し め 縄 に 稔 り の 稲 穂 そ の ま ま に

しめなわに みのりのいなほ そのままに

道の駅のしめ縄コーナーの端っこで見つけました。
稲穂をそのまま。
くるりと巻いて止めただけ。
あまりに質素で、華やかさもなく、でも考えてみれば、これがいちばん贅沢なしめ縄かもしれません。
お米がそのまま実った状態ですから。
むかしの人が見たら、もったいないと眉をひそめそう。
みかんや鶴や、金や銀をあしらったものより、素敵です。

この句も読まれています。

羽 抜 け 鳥 祖 先 は 恐 竜 な り し と か... はぬけどり そせんはきょうりゅう なりしとか 羽抜け鳥。 羽毛が抜け変わる頃の鳥、主にニワトリ。 また、羽毛が抜け落ちたニワトリ。 威勢はいいが、見かけが間が抜けていて、おそろしくみっともないけれど、それなりに愛らしくもあります。 祖先は恐竜。 始祖鳥? つばさに鋭い爪があり、我が物顔で空中を席...
秋 風 に バ ス 待 つ こ と も お お ら か に... つい先日まで、ダラダラ流れる汗を抑えながら、バスの本数の少ないことを呪ったものだ。 秋風が、人を穏やかにする。 いつもバス停の時刻表しか見ないのに、街路樹の色の変わりようや、辺りの家々の庭の木々や、側溝や石垣の合間から顔を出す水引草や雑草のタデを見ているうちに、バスがやってくる。...
足湯にも おすそ分けなり 冬至の湯 柚子のお湯を、足浴にもおすそ分け。 風呂に入れない人も、湯気の中で入浴気分。 湯気に包まれて、しばし幸せ。...
濡れ傘を 干して舞い降る 落花かな... 花の下を、雨の中歩いた。 傘をさして。 干そうと、ジャンプ傘のボタンを押した。 花びらが舞い上がって、驚いた。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください