し め 縄 に 稔 り の 稲 穂 そ の ま ま に

しめなわに みのりのいなほ そのままに

道の駅のしめ縄コーナーの端っこで見つけました。
稲穂をそのまま。
くるりと巻いて止めただけ。
あまりに質素で、華やかさもなく、でも考えてみれば、これがいちばん贅沢なしめ縄かもしれません。
お米がそのまま実った状態ですから。
むかしの人が見たら、もったいないと眉をひそめそう。
みかんや鶴や、金や銀をあしらったものより、素敵です。

この句も読まれています。

猫 柳 川 面 の 光 糧 と し て 猫柳は、わたしの中では川の流れのすぐそばにあるのが一番だと思っています。 春が来て、まだときどき寒い日があっても、日差しは日一日と明るくなり、川はきらきらと輝きだします。 存分に浴びながら、猫柳は育ちます。...
柚子(ゆず)たぽん たぽんと湯に入る 冬至の湯... 冬至には柚子の風呂に入るのがいいとされる。 湯気が、心なしか柚子の香。 風邪をひかないよう、ご先祖さま、よろしくお見守りください。...
冬 ざ れ や 鎌 倉 抜 け し 歴 史 本 國史大系 / Mixtribe Photo オヤジが死んだとき、歴史の本を読みたがっていたと、アホな母親は、棺に、約30巻の歴史のシリーズ本の中から、鎌倉時代を持ち出して入れた。葬儀屋の人は迷惑していた。ぶ厚い本は焼くのが大変だと、ページを少しずつまあるくして、風というか火が通りやすいように工夫して...
獺 祭 忌 間 欠 泉 の 蓋 ひ 取 れ だっさいき かんけつせんの おおいとれ 正岡子規の命日を、ダッサイキと呼ぶことがあります。 獺祭とは、カワウソ( 獺 ) が、捕らえた魚を並べ、先祖を祭るさまを指します。 カワウソは、捕らえた魚を川岸に並べる習性があるそうで、転じて多くの書物を調べ、引用することを指し、子規は、自分を獺祭書屋(...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください