し め 縄 に 稔 り の 稲 穂 そ の ま ま に

しめなわに みのりのいなほ そのままに

道の駅のしめ縄コーナーの端っこで見つけました。
稲穂をそのまま。
くるりと巻いて止めただけ。
あまりに質素で、華やかさもなく、でも考えてみれば、これがいちばん贅沢なしめ縄かもしれません。
お米がそのまま実った状態ですから。
むかしの人が見たら、もったいないと眉をひそめそう。
みかんや鶴や、金や銀をあしらったものより、素敵です。

この句も読まれています。

片 足 と 両 手 で 開 くる 戸 花 辛 夷 ( はなこぶし )... 建て付けが悪いというか、結局古いからなのだけれど、開け閉めするたびにじたばたします。 鍵穴も二箇所にあって、防犯上優れているのかもしれないけれど、慣れていないと、鍵がうまく鍵穴に届かないのです。 焦るとますます時間がかかります。 むかしはこんな開け閉めにコツのいる玄関戸は、ウチだけじゃなかったような...
黄落に 芽吹きの算段 見つけたり はらはらと散り敷く落ち葉も見事ながら、 ようく見ると葉の落ちた枝に芽吹きの小さな仕度を見つけた。 粛々と季節の仕事を行いながら、次を見越している。 わたしは今日のことに追われて、顔を上げる暇もない。 あしたの安心が、ちょっとでも覗けたら、楽なのにと思う。...
白魚の 断末魔聞く 春隣 優雅に泳いでいる、白魚を酢醤油につけて食す。 必死で暴れるから、あわてて一気に口に入れる。 もう、春はそこまで来ていることを実感する。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
あでやかに そろうて見せる 唐辛子... 唐辛子を縄でくくって、きれいに並べて、まるで作り物のようです。 色も大きさも微妙に違うのに、並べると絵を描いたみたいに、素敵です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です