ざる豆腐 アイスクリームの ごとく食べ

冬の冷奴の冷たいこと。キンキンに冷えて、つるりと入る。ほんの少しお醤油を垂らして、大豆の味を噛みしめながら食べる。

この句も読まれています。

待 つ こ と も 定 め と 思 へ 花 菖 蒲... 花菖蒲@多賀城跡あやめまつり / e_haya あちこちで菖蒲の便りを聞く季節になった。 わたしは、蕾のきりっと巻き上がったあやめの方が好きだけど、菖蒲の人気も大したもの。 時季が来れば、芽を吹き、花を咲かせ、散りはするものの、また翌年には、変わらぬ姿を見せる。 時が経つことは大切なこと。待つこと...
日 脚 ( ひあし ) 伸 ぶ 耳 の 掃 除 の 手 元 ま で... 社長の耳掃除 / sawamur 陽の当たる縁側で、耳を外に向けて、光を頼りに、耳掃除。わたしは、なかなか上手だと思う。ただし、徹底的、耳かきとピンセットも使う。膝の上ではない。座布団の上。アタマをぐいぐい回されながら、「よし、終わり」と言われるまで、動いてはいけない。...
鳥 渡 る 海 へ 出 る と き 躊 躇 な し... とりわたる うみへでるとき ちゅうちょなし 渡り鳥の習性なのだから、どうということもないのだろうけれど。 思い切ってさあ、というふうでもなく、止まり木のない大海原へまっしぐら。 出ると決まれば、そうするのでしょう。 習性というものなのでしょうか。 あたしはどうかな。 こうすることしかできないときは...
急 ぎ ま す 木 の 葉 時 雨 を 存 分 に... 木の葉がまるで時雨のように降りそそぐ。 公園の中も傍の道も、今、盛りを過ぎたところか。 ここを抜けるのがいちばん近道。 もともとは松林だったようで、常緑の松はまだあちこちにある。 松食い虫の被害もあって、切り倒したあとに広葉樹を植えたようで、長い年月が経って大きく育ち、松と並ぶか、それを越す背丈にま...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です