こ ん な 色 訝 し げ な り 枯 蟷 螂

こんないろ いぶかしげなり かれとうろう

夏場は緑色に輝いて鎌を振りかざしていたカマキリも、もうそろそろ命の終わりを迎えます。
身体は枯葉色に変わっていきます。
何気なく振り上げた鎌、ひねった胴体のあたりか、自分も此処まできたかと客観的に己を見ていそうな雰囲気があります。
まだまだ勢いのあるときに、メスにアタマをかじられたオスもいます。
あいつよりは長生きしたなんて、思わないだろうね。

この句も読まれています。

紫 陽 花 を 手 向 け 雲 仙 普 賢 岳 Hydrangea (紫陽花) / onigiri-kun もう24年も経つのかと思う。 火砕流という言葉を初めて聞いたのは、このときのニュースだったかと思う。 多くの人が、巻き込まれて亡くなった。 亡くなった方の家族はもとより、わたしは9時のNHKニュースに釘付けになった。 焼けた硫黄のような火...
油断して 蝸牛(かたつむり)さえ 見失い... そのあたりで、ぐずぐず動いているのかいないのか、進んでいるのかいないのか、 究極ののろま、かたつむり。 ほんのわずかな時間、目を離した隙に、行ってしまった。 遅々とした歩みも、馬鹿にならない。 確実に進んでいる。...
糸 雨 の あ と 沈 丁 さ ら に 匂 ひ た ち... しうのあと ちんちょうさらに においたち 未明から糸のような雨がやむことなく降り続いて、小さな庭は久しぶりにひと息ついているようです。 沈丁花は、樹形が丸くて、さらに花が愛らしいことで誰にも好まれる身近な花です。 紅色の薄く混ざった白と、紅色がひとつの花のように見えます。 花のように見えて、花では...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください