こ ん な 色 訝 し げ な り 枯 蟷 螂

こんないろ いぶかしげなり かれとうろう

夏場は緑色に輝いて鎌を振りかざしていたカマキリも、もうそろそろ命の終わりを迎えます。
身体は枯葉色に変わっていきます。
何気なく振り上げた鎌、ひねった胴体のあたりか、自分も此処まできたかと客観的に己を見ていそうな雰囲気があります。
まだまだ勢いのあるときに、メスにアタマをかじられたオスもいます。
あいつよりは長生きしたなんて、思わないだろうね。

この句も読まれています。

下萌えを 超えて水辺の 枝垂れかな... 川の縁に植えられたしだれ柳。 地面より、さらに下がって、水面にせまる。 枝垂れるものは美しい。 梅、桜、柳、山の藤。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
ツ ユ ク サ の 群 生 の あ り 廃 教 会... ツユクサ / houroumono いつの頃からか、使われなくなった教会。 屋根の十字架はそのままに、庭は秋の草 花の咲き乱れ。片隅にツユクサの群生を 見つけた。これほどの群生は、見たこと がない。今日はいい日だ。ツユクサの、 あの嘘みたいな青い色、服の色ならさぞ うんざりするだろうあの青。朝だけ...
肩 で 息 幼 な ハ モ ニ カ あ ま り り す... かたでいき おさなはもにか あまりりす ラリ ラリ ラリラ 調べは アマリリス 小学校の低学年。 初めてハーモニカで演奏した思い出があります。 深呼吸して、音を出すと同時に、くびをこくこく振って吹く様子は、練習の、まさに成果といった趣きで、りっぱなものです。...
放 蕩 の 血 は 受 け 継 ぎ て 霜 柱 ほうとうの ちはうけつぎて しもばしら 遺伝とは恐ろしいもので、なんということもない仕草や姿勢、時間の過ごし方、性格。 特に似てほしくはないところがそっくりという話はよく聞くことです。 遊び方も、そのタチの悪さもそう。 浪費癖、収集癖、オンナ癖、バクチののめり込みようまで。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください