こ ん な 色 訝 し げ な り 枯 蟷 螂

こんないろ いぶかしげなり かれとうろう

夏場は緑色に輝いて鎌を振りかざしていたカマキリも、もうそろそろ命の終わりを迎えます。
身体は枯葉色に変わっていきます。
何気なく振り上げた鎌、ひねった胴体のあたりか、自分も此処まできたかと客観的に己を見ていそうな雰囲気があります。
まだまだ勢いのあるときに、メスにアタマをかじられたオスもいます。
あいつよりは長生きしたなんて、思わないだろうね。

この句も読まれています。

ル ポ 虐 待 ・ 大 阪 ニ 児 置 き 去 り 死 事 件... 著者 杉山春 (すぎやま・はる ) 筑摩書房 2010年7月30日未明、大阪ミナミの繁華街のそばの、15平米ほどのワンルームマンションで、3歳の女の子と1歳8ヶ月の男の子が変わり果てた姿で見つかった。 斎藤芽衣さんは、この2人の子どもの母親だ。 この夏はとびきり暑かった。 子どもたちはクーラ...
新 聞 紙 くる み て 朝 露 青 大 根 しんぶんし くるみてあさつゆ あおだいこん 家庭菜園で育てたという大根をいただいた。 新聞紙にくるまれたそれは、朝露に濡れてみずみずしい。 虫食いもあるけれど、立派な葉がそのままで、うれしい。 大根は、葉付きのものを買うことにしている。 用途はたくさん。 春の贈り物。...
フ ー コ ー の 振 り 子 凍 え て 健 康 課... 「フーコーの振り子」というのだそうです。 高いところに設置された支点から、長い紐が下がっていて その先に鉛か鉄の球が付いています。 どういう原理なのかわかりませんが、またわかりたくもありませんが、規則的にぶらぶら揺れて、大きな円形の時計の淵に置かれたコマのようなものを端から順番に倒していきます。 市...
夾 竹 桃 浮 世 の 義 理 は 欠 き て 咲 く... Nerium oleander / 夾竹桃(キョウチクトウ) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 夏真っ盛り。 近所の公園は、朝夕は別として、炎天下の真昼は人っ子ひとりいない。 通り過ぎる人もいない。 ただ夾竹桃の花が、咲き誇っているだけ。 原爆の落ちた広島で咲いたという。 牛が食べたら...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください