こ れ よ り は あ り ん す の 町 門 柳

これよりは ありんすのまち かどやなぎ

柳は、川端そして境界線によく植えられたと聞きます。

むかし遊廓と呼ばれた町の入り口には、必ずヤナギの木があったとも。

ありんす言葉は、遊女 ならでは。

なまりの強い田舎の農村、漁村から女衒によって連れてこられた少女たちのなまりを消すのにうってつけの遊廓言葉だったとか。

町の名残りはとっくに消えて、ただヤナギだけが残されています。

春先には、ヤナギのしべが飛び、若い芽がレースのように枝垂れます。

この句も読まれています。

世の中は クリスマスだと 走りだし 気のはやいこと。あのイルミネーションや音楽に心おどるひと、沈む人、あれ見ると、余計心が寒くなる。やめてほしい。 iPhoneからの投稿...
早馬で 帰って来いと 盆の茄子 今まで知らなかった、常識の無さ。お盆に茄子やきゅうりに足を付けて、迎えるのは、帰ってくるときは、馬に乗って早く、向こうへ戻るときは、牛に乗ってゆっくりとということだそうです。仏事に疎くて、常識無いなとつくづく思います。迎え火を焚いて、家に帰るときに迷わないようにって、やさしいです、みんな。...
いろいろに 目を瞑りおり 生きる術(すべ)... おかしなことはいっぱいある。世の中理不尽なことだらけ。仕事も世間も欲得ずくめ。本気で考えたら、ストレスでアタマへんになりそうです。気分屋の上司に怒られてばっかりだし。その上司のやってることといえば、福祉とは名ばかり、収益、収益、納得いかないこともとりあえず給料のうちと思って我慢してる。あたしは働かな...
桂 川 ( けえしぇん ) と 車 掌 の 訛 り 矢 車 草... けえしぇんと しゃしょうのなまり やぐるまそう 筑豊本線、何故か今は、福北ゆたか線 わたしが子どもの頃、先生のこと「しぇんしぇえ」と呼ぶ子がいた。 何にもおかしくなかった。 最近の子どもたちは方言も使わないし、アクセントも標準。 あの震災のときも、年寄りだけが方言で、独特のアクセント、子どもたちは...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です