こ れ よ り は あ り ん す の 町 門 柳

これよりは ありんすのまち かどやなぎ

柳は、川端そして境界線によく植えられたと聞きます。

むかし遊廓と呼ばれた町の入り口には、必ずヤナギの木があったとも。

ありんす言葉は、遊女 ならでは。

なまりの強い田舎の農村、漁村から女衒によって連れてこられた少女たちのなまりを消すのにうってつけの遊廓言葉だったとか。

町の名残りはとっくに消えて、ただヤナギだけが残されています。

春先には、ヤナギのしべが飛び、若い芽がレースのように枝垂れます。

この句も読まれています。

代 々 の 珠 数 (じゅず ) 百 均 に あ り 候 う ( そうろう )... 100円ショップのふくさとお数珠 / yto 先祖代々のお数珠だという。 上等もんだと、こころして扱えと言われた。 そのつもりで、袱紗( ふくさ )に包んで、後生大事にしまってきた。 今日、洋裁で使う、A4の画用紙を、百均に買いに寄ったところ、冠婚葬祭用の黒ネクタイの横に、おんなじ数珠が、ぶら下げ...
人の世は 水割りの氷 春の宵 水割りの氷もそう。あるところまでは、そのまま溶けるが、くるっとひっくり返るところがある。それがいつかわからない。  ...
足 音 は 座 敷 わ ら し か 嫁 が 君 あしおとは ざしきわらしか よめがきみ 「嫁が君」 新年の季語で、家ネズミのことです。 ネズミは昔から、食料などを食い荒らすため嫌われ者ですが、一方で家の大黒柱とも言われてきたとのことで、まあ信じられない話です。 となりに大きな家が建ちました。 以前此処は、住宅供給公社の分譲地で、隣との境...
万緑の 力集めて 山動く 沸き起こる緑、大地の力、山は全体で動き、力強い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください