こ れ よ り は あ り ん す の 町 門 柳

これよりは ありんすのまち かどやなぎ

柳は、川端そして境界線によく植えられたと聞きます。

むかし遊廓と呼ばれた町の入り口には、必ずヤナギの木があったとも。

ありんす言葉は、遊女 ならでは。

なまりの強い田舎の農村、漁村から女衒によって連れてこられた少女たちのなまりを消すのにうってつけの遊廓言葉だったとか。

町の名残りはとっくに消えて、ただヤナギだけが残されています。

春先には、ヤナギのしべが飛び、若い芽がレースのように枝垂れます。

この句も読まれています。

壊 れ 簗 こ の ま ま で 置 け 今 暫 し... こわれやな このままでおけ いましばし まちがって魚が上がってくるように仕掛けたもの。 ここを通ればまちがいなく掴まる。 大水で、あちこち補修の必要な箇所が生じ、ヤナの修繕どころではなかろう。 しばらくこのままサカナを通してやってほしい。...
秋の蚊の 死にはぐれたと 声のする... もう九月も半ばなのに、まだ蚊がいるのです。 じーと動かずに立っていると、4,5匹音をたてて寄ってきます 季節はずれと思うから、よけい腹が立つのです。...
赤まんま 遠い想い出 深い傷 赤まんまはタデ科の植物。縦に赤い実をつける小さい雑草で、 どこにでもある。わたしは、あの花を見ると、とても辛い 思い出が蘇る。幼児虐待、そんな言葉は以前はなかった。 しつけと称して、やり放題だったままはは。 よく外に出された。赤まんまは友だち。...
空 襲 を 昨 日 の こ と の ご と く 聞 く... 1945年6月20日 福岡大空襲。 夜の突然の、絨毯爆撃だったという。 オヤジが5歳の自分の手を掴み、片腕には蚊帳を持ち、一晩中逃げ回ったと。 翌朝、家に戻ってみると、丸焼けで、台所の煉瓦だけが面影を残しており、母親は動けない状態だったと。 それから、長い間大変な苦労をしたと。 それでも、家族を亡く...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください