こ の 雨 に 花 の 命 の な が ら へ ば

このあめに はなのいのちの ながらえば

もう三、四日ほどになるでしょうか。
桜の開花宣言がなされてから。
低い気温と、この雨で、開花は進まず、三分咲きにも至っていません。
いっせいに咲いて、あっという間に散ってしまうより、長く長く花を愛でることを、皆歓迎してるようです。
むかしは、入学式のころ満開だったものが、次第次第に早まってきて、今年はまるで戻ったようです。

この句も読まれています。

杜 鵑 草 ひ と つ や ふ た つ 知 ら ぬ 振 り... ほととぎす ひとつやふたつ しらぬふり 誰にでも、秘密とまではいかなくても、人に知られたくないことのひとつやふたつ、みっつくらいはあるものです。 別に秘め事という種類のことではない、つまらない、でもひとが知ったら、泣いて喜ぶようなことも含めてです。 杜鵑草という花は、いかにも色恋系の秘めごとの匂い...
こう生きて こう来るしかない 春の雨... 一生懸命生きてきたつもり。でもいっぱいまちがっていた。そのときには気づかなかった。 なんて愚かなと後からいくら悔やんでも、人生はやりなおしがきかない。失敗の後始末のため にあとの人生を使い果たしているといっても、過言ではない。人生はやりなおしがきかない。...
源 流 は ま だ こ の 先 と 冬 雲 雀 げんりゅうは まだこのさきと ふゆひばり 春は勢いよく空を飛ぶヒバリも、この季節になると、地面を跳び歩きながらエサを探す姿が見られます。 オスは頭の冠羽をピンと立てています。 イタチやネコ、ヘビなど天敵が多く、たいへんです。...
深 追 ひ は す な 傷 つ く と 苜 蓿 ふかおいは すなきずつくと うまごやし ウマゴヤシとは、シロツメクサのことです。 俳句ではよくこんな古めかしい言い方をします。 うまく結わえて、王冠のように作れる器用な人もいます。 江戸時代に入ってきた帰化植物です。 肥料や牧草にするので、この名前が付いたようです。 わたしはむかしから、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください