こ の 雨 に 花 の 命 の な が ら へ ば

このあめに はなのいのちの ながらえば

もう三、四日ほどになるでしょうか。
桜の開花宣言がなされてから。
低い気温と、この雨で、開花は進まず、三分咲きにも至っていません。
いっせいに咲いて、あっという間に散ってしまうより、長く長く花を愛でることを、皆歓迎してるようです。
むかしは、入学式のころ満開だったものが、次第次第に早まってきて、今年はまるで戻ったようです。

この句も読まれています。

夏を吐く 夕餉(ゆうげ)の隣 蚊遣り豚... 蚊取り線香の季節になった。蚊は大嫌いだけど、蚊取り線香の匂いは好き。夏の匂い。夕暮れ時、網戸にして、簾を下げて、夕御飯を食べる。日が長い。豚は隣で煙を吐いている。今日も終わった。長かった。...
枯れ蔦に 赤い芽の付き 春隣り しっかりとコンクリートの壁にへばりついている、 枯れ蔦のそこかしこに、赤い芽が出ているのを、 今日気がつきました。 雪の舞う、この冬一番の寒気の朝に。 春がとなりに来ているのかもしれない。 いつから春で、どこから冬がはじまるか、 人生では、もっとわかりにくいと思います。...
餌 と 決 む る 眼 左 右 に 木 葉 木 菟... えときむる まなこさゆうに このはずく 迫力があります。 夜行性です。 木の枝だけでなく、人通りのない、使われない錆びた門扉の上に、目を瞑って動かずにいるのを夕方遅くに見たことがあります。 眼は瞑っているように、遠目には見えたのですが、よく見ると薄眼を開けて様子を伺っていうようなのです。 首を動か...
春 耕 の ま ず は 一 服 す ぐ 一 服 上林春松本店 新緑 / Norio.NAKAYAMA 老夫婦であろうか。準備万端。お茶から、何やらお茶うけ?おやつ?ようやく風も春になり、外で過ごすことが気分よくなった。休憩ばんざい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください