こ の 雨 に 花 の 命 の な が ら へ ば

このあめに はなのいのちの ながらえば

もう三、四日ほどになるでしょうか。
桜の開花宣言がなされてから。
低い気温と、この雨で、開花は進まず、三分咲きにも至っていません。
いっせいに咲いて、あっという間に散ってしまうより、長く長く花を愛でることを、皆歓迎してるようです。
むかしは、入学式のころ満開だったものが、次第次第に早まってきて、今年はまるで戻ったようです。

この句も読まれています。

誰切らぬ 枝差し交わし 野梅かな 逞しい。庭や神社でしか見ることのない梅が、山にある。 枝振りなんてものじゃない。手が入らなくとも、花をつけ る。これが梅だ。山にも遅い春が来つつある。...
停 留 所 欅 (けやき) 落 ち 葉 に 染 ま る ま で... 街中の紅葉 / s.sawada 大きな欅の木が紅葉し、色づいた葉っぱがはらはらと舞い落ちる。秋真っ盛り。赤に黄色に舞い落ちて、真下にある路線バスの停留所はバス停のマークもベンチも、その隣の郵便ポストも紅葉色。細い道ながら、バスが通る。追い抜きはできない。バスのお客が乗り降りする間は、辛抱強く待たな...
紫 苑 (しおん) 咲く ひ と と き 我 を 乙 女 と す... 紫苑 / Naoto Takai 薄い紫の紫苑。純情で可憐で。 誠実で、一途。どうしてこう も、鬱陶しい女になってしま ったんだろう。いつも一生懸 命なんだけれど。なんか思う ところとちがう展開になって しまう。...
冬 帽 子 付 い て 離 れ て 植 木 市 植木市という名のまつり。 / Ys おそらくはご夫婦だろう。植木市の、あるところでは、いっしょに鑑賞し、あれこれと言い合い、あるところでは、めいめいが勝手に動いて、いつも一緒でないのがいい。興味や意見は、同じだったり、そうでなかったり。人はそれぞれ。都合のいいところだけ、共有するのがいい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です