こ の 雨 に 花 の 命 の な が ら へ ば

このあめに はなのいのちの ながらえば

もう三、四日ほどになるでしょうか。
桜の開花宣言がなされてから。
低い気温と、この雨で、開花は進まず、三分咲きにも至っていません。
いっせいに咲いて、あっという間に散ってしまうより、長く長く花を愛でることを、皆歓迎してるようです。
むかしは、入学式のころ満開だったものが、次第次第に早まってきて、今年はまるで戻ったようです。

この句も読まれています。

慌てずも みみずも驚き 土戻し 草を取っていて、ミミズに出くわした。 これ以上の慌てようはないほど、くねくねと暴れる。 のたうちまわるって感じです。 みみずは土がいいところにいると聞いたことがある。 こちらも慌てて、土を被せてやる。...
若 過 ぎ て 葬 儀 の 写 真 山 笑 ふ 94歳で死んだのに、「この写真を遺影に使ってくれ」と「仏壇の引き出しに入れておくから」と本人指定であったため、遺言どおりにしたところ、30年も前の写真で、黒髪のにっこり笑った別人が写っていました。 少しぐらいなら、なるほどだけれど、ここまでだとちょっと・・・笑う。...
梵 鐘 も 汽 笛 も 澄 み て 冬 の 朝 ぼんしょうに きてきもこごえ ふゆのあさ 遠い寺から、朝まだ明けぬうちにゆったりとした鐘の音が聞こえてきます。 これは一年を通じて同じなのだけれど、季節によって、夜明けの早いおそいによって、また天候によって、聞こえ方はちがいます。 電車の汽笛も同じです。 秋の深まりかけた頃は、なんとも味わいのある...
だるいのは 風邪か花粉か はたまた鬱か... なんだろう。 風邪の引き始めのようなだるさ、でもちょっとちがう。 毎年の花粉症か、 ストレスフルな人生ならウツか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください