こ い つ と は 最 早 此 処 ま で 冬 薔 薇

こいつとは もはやここまで ふゆそうび

「あゝ、終わった」と心が決める瞬間があります。
もちろんわたしも「あゝ、終わった」とあちこちで思われてきたのでしょう。
親兄弟も同じこと。
わたしには、とっくに終わった妹が二人もいます。
ただ嫌いになったというだけではないのです。
この先付き合うと、自分のこれからを、自分の気持ちを、徹底的に疲れ果てさせてしまう。
自分を守るために、胸の奥の奥で心が、身体が決める感じでしょうか。

この句も読まれています。

簾(すだれ)越し 炎暑の世間 覗き見る... 網戸にぎりぎり簾を立て掛けた。もしかしたら、風通しが悪くなるかと思ったが、日差しが大きく遮られて、なんか涼しい気がする。小さな居間に出入り口ふたつ、窓が四つある。遮光の黒い、ホームセンターで売ってるものを買って見ようか、もっといいかもしれない。夏は簾、蚊取り線香、ゴザに限る。エアコンまでもう少し粘...
おいそれと 年月(年月)行かず 女郎花(おみなえし)... わたしは自分を、女郎花と感じる。 ほんとうはコスモスがいい。ホトトギスも魅力的。 でもなんかでかいだけのオミナエシ。 持って生まれた雰囲気は、変えたいけど、うまくいかない。 日々を賢く、生きて行くのは難しい。 人生は突発事項の連続。 その度に、呼吸しながら、正しい選択はなかなか難しく、 それが原因で...
万 緑 や 縦 走 リ ュ ッ ク 包 み 込 み... ばんりょくや じゅうそうりゅっく つつみこみ 山ひとつ登るのでもひと苦労、一日がかりなのに、鍛えた人はちがう。 三つの山をいちどきに征服するという。 それもそのむかし修験者の修行の場だったという、岩肌に鉄のクサビの打ち込まれた山を。 樹々は猛々しく生い茂り、登山者の姿はすぐに吸い込まれていきま...
たあいない 小さな幸せ 梅の雪 ようやく咲き始めた梅に雪が降り積む。 小さな花にも容赦無く雪は降り積む。 静かな風景。いますこし休んでいる。 すこし心を休める余裕がうれしい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください