こ い つ と は 最 早 此 処 ま で 冬 薔 薇

こいつとは もはやここまで ふゆそうび

「あゝ、終わった」と心が決める瞬間があります。
もちろんわたしも「あゝ、終わった」とあちこちで思われてきたのでしょう。
親兄弟も同じこと。
わたしには、とっくに終わった妹が二人もいます。
ただ嫌いになったというだけではないのです。
この先付き合うと、自分のこれからを、自分の気持ちを、徹底的に疲れ果てさせてしまう。
自分を守るために、胸の奥の奥で心が、身体が決める感じでしょうか。

この句も読まれています。

未 練 な ど た だ 木 下 闇 深 過 ぎ て... みれんなど ただこしたやみ ふかすぎて コシタヤミ。 夏のうっそうとしげる木立の下の暗がり。 昼でも暗くて涼しい。 夏の強い陽射しのもとでは、闇のようです。 未練などあろうはずもない。 ただコシタヤミが深過ぎて、足元が見えず、前に進めないだけのこと。 きっとそのうち歩き出せるはず。...
土 嚢 よ り 嫁 菜 顔 出 す 杷 木 の 町... どのうより よめなかおだす はきのまち 水害の痕まだ癒えない状況の、果物の町杷木。 あちこちに積まれた土のうはいまだそのまま置かれ、角が破れたり、すりきれそうなものもあります。 ヨメナは秋の雑草です。 薄紫の小菊のような花を咲かせます。 何処からかタネが飛んできたものか、土のうから遠慮がち...
リップサービス せずと決めたり 吾亦紅(われもこう)... ついつい雰囲気を読んで、和やかにできるよう気を使う癖がある。 人は皆そこに付け込む。 余計なことはいっさい言わないことにした。 どんよりしようが、張り詰めようが知ったことではない。 ただ黙々と自分の仕事を片付けるだけ。...
そ ぞ ろ 寒  河 童 気 骨 の 褌 ぞ そぞろさむ かっぱきこつの ふんどしぞ もともとおかしいのはわかっています。 河童は水陸両用の生き物ですから、洋服など着ません。 ですから、ふんどしも必要ないと考えられます。 ただ、柳川の川下りの行きがけの、最初に左折するあたりに、河童の石像が苔むしてあります。 たしかそれが、ふんどしを身...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください