こ い つ と は 最 早 此 処 ま で 冬 薔 薇

こいつとは もはやここまで ふゆそうび

「あゝ、終わった」と心が決める瞬間があります。
もちろんわたしも「あゝ、終わった」とあちこちで思われてきたのでしょう。
親兄弟も同じこと。
わたしには、とっくに終わった妹が二人もいます。
ただ嫌いになったというだけではないのです。
この先付き合うと、自分のこれからを、自分の気持ちを、徹底的に疲れ果てさせてしまう。
自分を守るために、胸の奥の奥で心が、身体が決める感じでしょうか。

この句も読まれています。

う っ か り と 風 船 葛 風 に 撚 り( より )... フウセンカズラ、小さな風船のような空気を含んだ実が出来て、小さいから風に揺られて揺れる様子はかわいらしい。 ちゃんと柵を作って誘引していたのが、大風の後しばらく忘れていたため、フウセンカズラ同士が絡み合ってしまった。...
ゆ く あ て の な し と 聞 こ え て 虎 落 笛 (もがりぶえ)... 冬の烈風が、垣根や電線、竹垣や柵などに吹きつけて、まるで笛のような音を出すことを虎落笛というらしい。 わたしにはこれが、人の声のように聞こえてならない。 辛いことほど、人には言えない。 ほんとに困ったら、人は無口になる。 相談相手などこの世にはいない。 相談機関などあてにならない。 最悪は身内かもし...
梅 雨 の 夢 昔 の 些 末 浮 か び 消 え... なぜか梅雨の頃はおかしな夢をみる。 リアルな場所で、けっこう変な状態にいつもなっている。 うれしいことは、あまりない。 目が覚めたとき、何故かいつも疲れている。 そして目が覚めてからも、暫くは覚えている。 目が覚めた途端に忘れることも多いのだけど、この時期の夢だけはそうではない。 湿度が高いせいか。...
小 豆 炊 く 厨 は 未 だ 白 熱 灯 あずきたく くりやはいまだ はくねつとう 最近のアズキは直ぐ火にかけろと書いてあります。 少し前までは、一晩水に漬けてとあったのですが、品種改良が進んだのか、お手軽になりました? それでもイヤというほどトロトロに煮てからでないと、砂糖を入れた瞬間、アズキは煮えなくなります。 硬ければ硬いまま...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください