か ら た ち の 花 い つ ま で も 棘 の 中

からたちの はないつまでも とげのなか

バラなどとは比較にならない、強くて大きくて烈しいトゲです。

むかしは生垣に使われていたらしいのですが、あまりのトゲの激しさに、しだいに遠ざけられたものと想像します。

白い五弁のきれいな花、食用にはなりませんが黄色のかわいい実をつけます。

しかしなんせトゲがひどくて近づくことなどできません。

柳川の白秋生家に一本だけ育っています。

童謡が有名です。

作曲 山田耕筰 作詞 北原白秋

「からたちの花がさいたよ。白い白い花が咲いたよ」

山田耕筰は、幼い頃養子に出され、活版工場で働きながら夜学で学んだといいます。

自伝では、工場で辛い目にあうと、カラタチの垣根まで逃げ出して泣いたと述懐しています。

この歌は、耕筰のこの思い出を白秋が詞にしたと伝えられています。

この句も読まれています。

冬 ざ れ や 鎌 倉 抜 け し 歴 史 本 國史大系 / Mixtribe Photo オヤジが死んだとき、歴史の本を読みたがっていたと、アホな母親は、棺に、約30巻の歴史のシリーズ本の中から、鎌倉時代を持ち出して入れた。葬儀屋の人は迷惑していた。ぶ厚い本は焼くのが大変だと、ページを少しずつまあるくして、風というか火が通りやすいように工夫して...
蚊帳を出て ふか夜の闇の 恐ろしさ... 子供の頃、夏の暑い夜、一晩中蚊帳から出されて、まんじりともせず闇夜に体操座りで過ごしたことがある。 継母の虐待。 あの女、許さない。...
ク リ ス マ ス 場 末 の ネ オ ン な お 楽 し... くりすます ばすえのねおん なおたのし ジムのサウナ友だちに、呑み屋のママがいます。 ある日のこと、気取った客から、「中洲に比べれば、バスエだ」と言われた、失礼なと、ぷんぷん怒っていました。 まあそんなことって、話は合わせたものの、確かに中洲と比べれば、雑餉隈はバスエでしょう。 ただ、自分が...
蟇 穴 を 出 づ 時 差 ぼ け の 惚 け 貌... ひきあなを いずじさぼけの ほうけがお ヒキガエルは、短い足、幅広いアタマをもつ大型のカエルです。 眼の後ろには発達した耳腺があり、有毒物質を分泌するとのこと。 また、皮膚や背中に散在する多数のイボにも毒腺をもちます。 ほぼ全国のヤブや林に生息し、ガマ、ヒキとも言われます。 体温を外気温と...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください