か ら た ち の 花 い つ ま で も 棘 の 中

からたちの はないつまでも とげのなか

バラなどとは比較にならない、強くて大きくて烈しいトゲです。

むかしは生垣に使われていたらしいのですが、あまりのトゲの激しさに、しだいに遠ざけられたものと想像します。

白い五弁のきれいな花、食用にはなりませんが黄色のかわいい実をつけます。

しかしなんせトゲがひどくて近づくことなどできません。

柳川の白秋生家に一本だけ育っています。

童謡が有名です。

作曲 山田耕筰 作詞 北原白秋

「からたちの花がさいたよ。白い白い花が咲いたよ」

山田耕筰は、幼い頃養子に出され、活版工場で働きながら夜学で学んだといいます。

自伝では、工場で辛い目にあうと、カラタチの垣根まで逃げ出して泣いたと述懐しています。

この歌は、耕筰のこの思い出を白秋が詞にしたと伝えられています。

この句も読まれています。

露草と 深呼吸して 日の始め やりがいの無い仕事をしている。朝、車を留めて、少し歩く。畑のあぜ道に放り出されたように、露草が群生している。 このごろはつゆがおりて、すがすがしい。あー、今日もつらい一日が始まる。でも露草と会うのはうれしい。...
竹 の秋 五 百 羅 漢 を 日 陰 に し hotoke / Presidente 佐賀の小城に、鍋島の殿様三代を祀った神社があり、覗くだけで、立ち入り禁止なんだけど、その手前におそらくは家来とおぼしき五百羅漢が鎮座しており、年月を経て、ずいぶんと苔むしている。 周囲は広い竹林で、ほとんど一日中日陰である。首をはねられた仏もたくさんいる。 ...
青光り 白光りして 秋刀魚焼く 生きのいいサンマは、てらてらに光って、美味しそう。 じゅうじゅうと音を立てて、煙をあげて焼かれる。
花冷えの 小さな家を 爪先立ち 桜が、ずいぶんと早く咲いた。 この寒さ、床をはだしで歩くことできず、 靴下を取りに行くのは、面倒。 したがって、バレリーナのように、爪先立ちで、踊るように歩く。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください