い つ か ら か 唄 は ぬ ガ イ ド 冬 遍 路

いつからか うたわぬガイド ふゆへんろ

バスガイドのお姉さんがガイドをしなくなって、歌わなくなってもう久しい。
最近では、「ごゆっくりお楽しみください」と言うだけです。
踏み切りに、わざわざ降りて、ピッピッと笛を吹いて誘導したり、バックするときに笛を吹くこともなくなりました。
小さなところから、世の中は変わって行くようです。
金毘羅さんは、年末も変わらずの人出で、あの階段で全ての力を使いきってしまった感です。

この句も読まれています。

着 ぶ く れ し 毛 穴 の 見 ゆ る テ レ ビ な ど... きぶくれし けあなのみゆる てれびなど とてもキメの細かいテレビが発売され、話題になっているとか。 度々買い換えるものではなし、どうせ買い換えるなら、少しの負担増なら、この際いいものをと考えるのがふつうです。 となると、ほんの近い将来日本中のテレビが、毛穴の見えるテレビに代わることになります。 別...
滝つぼの ごと叩かれて 戻り梅雨 梅雨の後半の雨は激しい。 ここまで降るかって感じです。
大晦日 日が暮れて今 息をつく 年末の大晦日まで、いろいろうっとうしいことが続きます。 まったくもう、なんだろと思うくらいです。 やっと紅白歌合戦が始まるころになって、ちょっと一休み 一服熱いココアを飲みます。  疲れた。 今日も、今年も。...
鞦 韆 の 鎖 の 熱 や 更 け て な お しゅうせんの くさりのねつや ふけてなお しゅうせん、ブランコの俳句言葉です。 一日中猛暑に灼かれ、持ち手のクサリはさわれないほどです。 夜になり、少しは過ごしやすくなり、ゴミ出しのついでに、ちょっと腰掛けてみると、満天の星。 クサリはさわれないほどではないけれど、まだかなり熱をもっています...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください