い つ か ら か 唄 は ぬ ガ イ ド 冬 遍 路

いつからか うたわぬガイド ふゆへんろ

バスガイドのお姉さんがガイドをしなくなって、歌わなくなってもう久しい。
最近では、「ごゆっくりお楽しみください」と言うだけです。
踏み切りに、わざわざ降りて、ピッピッと笛を吹いて誘導したり、バックするときに笛を吹くこともなくなりました。
小さなところから、世の中は変わって行くようです。
金毘羅さんは、年末も変わらずの人出で、あの階段で全ての力を使いきってしまった感です。

この句も読まれています。

食 べ て け と 熱 々 の 餅 牛 の 梅 熱々の出来たての梅ヶ枝餅を食べながら、赤煉瓦のトンネルを目指す。 飛梅は、いつもと同じように黒光りの牛とともにそこにあり、人が増えたこと以外むかしと何も変わらない。 お石茶屋は、その由来を知ってか知らずか、店の外まで人で溢れ、そのわりには続くトンネルに人影はない。 筥崎で生まれたわたしが、何の縁で此...
芒 原 お ず お ず 赤 き 穂 の 少 し すすきはら おずおずあかき ほのすこし この夏の暑さにもかかわらず、植物は、ほとんど例年通り時季が来れば枯れたり、また芽を出したりします。 今年のススキは気のせいか、暑さに少々おじけづいてそろり様子を見ながら、穂を出しているように感じます。 ススキは初め、赤い穂を習字の筆のように固めた状態で出...
背の縮み 婆(ばば)の裾(すそ)上げ 春の雨... 年をとると、どうしても姿勢が前かがみになる。 背骨の間も縮むらしい。 よって、ズボンの前側は余り、後ろ側はつり上がった感じになる。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
休 講 の 掲 示 黄 落 プ ラ タ ナ ス きゅうこうの けいじこうらく プラタナス プラタナスの並木。 高さは20〜30mにもなります。 若葉のころ、そして生い茂った夏の季節もステキながら、落葉のころには、高い空からまるで雪が降るように、サクラが花を散らすように、色づいた葉が時間をかけて舞い落ちて、それはそれは見惚れるほどです。 プ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください