い つ か ら か 唄 は ぬ ガ イ ド 冬 遍 路

いつからか うたわぬガイド ふゆへんろ

バスガイドのお姉さんがガイドをしなくなって、歌わなくなってもう久しい。
最近では、「ごゆっくりお楽しみください」と言うだけです。
踏み切りに、わざわざ降りて、ピッピッと笛を吹いて誘導したり、バックするときに笛を吹くこともなくなりました。
小さなところから、世の中は変わって行くようです。
金毘羅さんは、年末も変わらずの人出で、あの階段で全ての力を使いきってしまった感です。

この句も読まれています。

縁あって 遭うたに 時雨るる 日に別る... 人は縁あって出会うと聞く。それなのにほんの短いご縁でありました。 なにが悪かったのか。努力が足りなかったのか。もう考えるのはやめよう。...
咲 き 初 め の 桜 な れ ば や 雨 も 愛 で... Cherry blossoms, 桜咲く. / T.Kiya 一部咲き、二部咲きであれば、散る心配がない。 滋養の雨となり、桜を慈しんでいるかのよう。 朝夕は、まだ寒さの残る、この気候なら、桜の寿命も延びようか。...
柿色の プリンセスラインの ワンピース... 柿色、オレンジの濃い色の生地を買った。単純なストンとしたワンピースを縫おうと思う。私は昔から、服のセンスがなくて、流行の重ね着というものができない。ふだんは、シャツとスカートかパンツ、レギンスなどというものをはきこなすことなど、とてもとても。だから今回もワンピース。何にも考えなくていいから。丈は長め...
花八手(はなやつで) おままごとにも 入れられず... むかしから八手はトイレの裏の日当たりの悪い北側に 植えてあったものだ。 花が咲いても、誰も気づかず、小春日和のままごとにはたしか 大根や菊やそんなかわいいものを使ったものだ。 お手洗いの裏の八手には出番はなかった。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください