い つ か ら か 唄 は ぬ ガ イ ド 冬 遍 路

いつからか うたわぬガイド ふゆへんろ

バスガイドのお姉さんがガイドをしなくなって、歌わなくなってもう久しい。
最近では、「ごゆっくりお楽しみください」と言うだけです。
踏み切りに、わざわざ降りて、ピッピッと笛を吹いて誘導したり、バックするときに笛を吹くこともなくなりました。
小さなところから、世の中は変わって行くようです。
金毘羅さんは、年末も変わらずの人出で、あの階段で全ての力を使いきってしまった感です。

この句も読まれています。

たからもの ヒイラギの花 竜の玉 べつに珍しいものではないが、ありそうで、見つからない。 見つけたときは、やったと思う。 金木犀やくちなしなら、香りがいいから、簡単に見つかる。 ヒイラギに花が咲くのは知っているけど、じゃあ、いつかはしらない。 もっと知らなかったことは、竜の玉、え、こんなとこに なんてキレイと思ったものです。 なんか...
あ あ 言 へ ば こ う 言 ふ 人 の 秋 暑 し... 無抵抗。 / anko.gaku_ula 神さまの配剤か、どんな集団にも、苦手な人は存在する。 10人居れば、ひとりは必ず。 5人居てもひとりは必ず。 3人でも、ひとりは苦手が居るから、まことに困ったことである。 噛み合わない。 笑うところが違う。 軽い冗談を言い合っているのに、真面目に皮肉ととる...
七草を 犬の小便 気になりて たまには、七草粥を、自分でそろえようと、 散歩に出たが、近くに畑もあぜ道もなく、 道端を探していると、犬がオシッコしてる んじゃないかと思って、何もとらずに 帰ってきた。...
退 き 際 ( ひきぎわ ) は 美 学 で あ り ぬ 落 ち 椿... 椿は散るとき、首からぽろんと落ちるため、嫌う人も多いらしい。 家に植えるなとも聞きます。 最後まで綺麗に咲いて、朝見ると落ちていた、そんな散り方がわたしは好きです。 退き際というのは、人は教えてくれない。 「まだまだですよ。いろいろ教えてもらわなきゃ」なんて心にもないことを言う。 ほんとは「 いい加...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください