い っ せ い に 帰 り 支 度 や 初 盆 会

いっせいに かえりじたくや はつぼんえ

初盆だからと、親類縁者が集まります。
半分義務かもしれません。
ともかくも、亡くなってから日も経つので、あれこれと賑やかです。
結構な年齢で、亡くなったのだから、年に不足はないだろうと、なんとなく雰囲気で感じます。
僧侶の読経が終わり、食事が済むと、当然のことながらいそいそと帰り支度です。
いっせいに来て、いっせいに帰る。
一人残される人が、日常より何倍も寂しい思いをすることなど、思い至ることもありません。
原節子の「東京物語」を思い出します。
生きている人の都合がいちばんですから、当たり前なのでしょう。

この句も読まれています。

咲 き 継 ぐ は 役 目 と 心 得 山 茶 花 よ... さきつぐは やくめとこころえ さざんかよ 山茶花は、椿に似て、椿よりはるかに軽くあしらわれる花です。 花数が多くて賑やかに見えて、実は寂しい花だと思うのです。 咲いたと思ったら、すぐに散る。 散り始めてから、初めて咲いていたことに気がつくほどです。 散り敷いた花びらも含めて、山茶花と言われているふ...
隠 し 持 つ レ ー ダ ー 基 地 や 夏 の 霧... かくしもつ れーだーきちや なつのきり 脊振山。 福岡市西区と佐賀県の間に位置します。 航空自衛隊とアメリカ軍のレーダー基地があります。 一般の、レーダーといわれるものとはちがう、かなり高性能のものが設置されているそうです。 1000mを超えるため、この辺りではいちばんに冠雪します。 明治以前...
ここひとつ 踏ん張りどころと 落ち葉掃く... 働くことはなかなかたいへん。特にこの世界は。3Kと言われてるくらいですもの。辞めることはかんたん。でもそれで終わり。誕生日に、同じ職場の人から、ボールペンをもらった。小さな封筒に手紙が入っていて、辞めないでねと書いてあった。もうちょっと頑張ってみよっと。...
万 緑 に 力 借 り た り 三 輪 車 ばんりょくに ちからかりたり さんりんしゃ 緑真っ盛り。 若葉も新緑もすでに過ぎ、逞しい樹々が青空を狭くして、大きくなった。 子どもは、買ってもらったばかりの三輪車を、一生懸命こぐのだけれど、半分踏んで、力足らず。 エイっと踏み込むことができず、苦労している。 そのうち要領を覚えて、力強く前へ進み...