い っ せ い に 帰 り 支 度 や 初 盆 会

いっせいに かえりじたくや はつぼんえ

初盆だからと、親類縁者が集まります。
半分義務かもしれません。
ともかくも、亡くなってから日も経つので、あれこれと賑やかです。
結構な年齢で、亡くなったのだから、年に不足はないだろうと、なんとなく雰囲気で感じます。
僧侶の読経が終わり、食事が済むと、当然のことながらいそいそと帰り支度です。
いっせいに来て、いっせいに帰る。
一人残される人が、日常より何倍も寂しい思いをすることなど、思い至ることもありません。
原節子の「東京物語」を思い出します。
生きている人の都合がいちばんですから、当たり前なのでしょう。

この句も読まれています。

竃 ( かまど ) 社 に 花 嫁 祝 す 樟 若 葉 ( くすわかば )... IMGP3387 / yuki5287 太宰府の裏、宝満山の登り口に、竈門神社という、天満宮に引けをとらない歴史ある、縁結びの神さまが祀られた神社がある。 樟の大樹が、空が見えないくらいに薄緑色の若葉をつけて、何本もそびえ立っており、その中にやしろがあり、これは小綺麗にしているが、新しく建てたもの...
青 芒 昨 夜 の 雨 を 煌 め か せ あおすすき さくやのあめを きらめかせ 台風は逸れたというのに、物凄い雨が降りました。 深夜。 今朝になってみれば、まるでなかったことのように、青空です。 庭の芒には、きらきらと水滴がついていて、おそらく明け方近くまで降ったと思われます。 わたしは、この斑入りの葉の芒がとても好きで、でも年々大きく...
こんこんと 咳する人あり 半夏生 暑くて暑くてときどき寒い。 きょうは風も強い。 庭に広げたパラソルがひどく揺れている。
メ ー デ ー や む か し 花 笠 振 り 拳... めーでーや むかしはながさ ふりこぶし もう五十年も昔になるでしょうか。 メーデーには、大濠公園で、大きな集会があったものです。 小学生だったわたしは、親に連れられ訳もわからず、舞台に魅入ったものです。 ドンタクみたいな笠を被った人もいたし、えいえいおーと拳を振り上げる団体もいて、面白くもないけれ...