い っ せ い に 帰 り 支 度 や 初 盆 会

いっせいに かえりじたくや はつぼんえ

初盆だからと、親類縁者が集まります。
半分義務かもしれません。
ともかくも、亡くなってから日も経つので、あれこれと賑やかです。
結構な年齢で、亡くなったのだから、年に不足はないだろうと、なんとなく雰囲気で感じます。
僧侶の読経が終わり、食事が済むと、当然のことながらいそいそと帰り支度です。
いっせいに来て、いっせいに帰る。
一人残される人が、日常より何倍も寂しい思いをすることなど、思い至ることもありません。
原節子の「東京物語」を思い出します。
生きている人の都合がいちばんですから、当たり前なのでしょう。

この句も読まれています。

お の お の が 己 れ の 墓 だ け 盆 の 墓 地... Cemetery. / MIKI Yoshihito (´・ω・) 盆の霊園の華やかなこと。花を供えて 線香あげて。先祖供養で家内安全合格 祈願病退散商売繁盛。それぞれがてん でんバラバラ自分のしあわせ。だから って文句を言うつもりなどさらさらな い。わたしだって同じことをする。た だ霊園を高いと...
初 秋 や 比 叡 (ひえい) お ろ し は 顔 で 受 け... 六甲おろし? / mah_japan わたしは○○おろしという言葉が 好きである。六甲おろし、比叡おろ し、山から吹きおりる北風のことだ と思う。山を見て、風を全身で受け る。いろんなことが、思ってもない 方向へ転がる。先のことはわからな い。吹く風のまま。明日はどんな風 が吹くのやら。...
冬木立 忘れたはずの 陽を浴びる 遠い昔を思い出す、この落葉の季節には。
穀雨あり 幹の芯まで しみわたり 快晴の日が長く続くと、そろそろ雨が欲しかろうと、気になるものです。 一夜の雨でも、しっかり降ると、木々は特に街路樹などは、 ほっと一息ついただろうと、見ていてもみずみずしくうるおって、 元気になったように思います。...