い っ せ い に 帰 り 支 度 や 初 盆 会

いっせいに かえりじたくや はつぼんえ

初盆だからと、親類縁者が集まります。
半分義務かもしれません。
ともかくも、亡くなってから日も経つので、あれこれと賑やかです。
結構な年齢で、亡くなったのだから、年に不足はないだろうと、なんとなく雰囲気で感じます。
僧侶の読経が終わり、食事が済むと、当然のことながらいそいそと帰り支度です。
いっせいに来て、いっせいに帰る。
一人残される人が、日常より何倍も寂しい思いをすることなど、思い至ることもありません。
原節子の「東京物語」を思い出します。
生きている人の都合がいちばんですから、当たり前なのでしょう。

この句も読まれています。

ようやくに 水辺を染めて 花筏(はないかだ)... 桜は咲く前から、咲き始めてから、そしていつ散るか、もう散るかと落ち着かない日々を過ごす。春の雨に、風に、ようやく散って水に浮かぶ。なんかほっとする。...
お は じ き の 欲 し ゅ う て 欲 し ゅ う て 放 生 会... おはじきの ほしゅうてほしゅうて ほうじょうや 筥崎宮の放生会。 わたしのこころの故郷。 放生会に売り出される、おはじきのかわいらしさと懐かしさ。 のどかで、素朴で、宝物にしたい。 夜明けから、もっと徹底した人は、前夜から並ぶらしい。 その気力、体力がないために、未だに手に入らないでいる。...
福子の 職場 いじめられ日記(1) わたしの職場は三人、女ばかり。 ボスと、二番目と、三番目の私。 ボスは自転車通勤。事務所の前 に自転車を停めている。二番目 は、ボスより先に帰ることはな い。理由は、ボスが自転車の鍵 を差し込むとき、真っ暗だった ら困るから、それまでは事務所 の電気を付けておかなければな らないから。それでなくても...
倒 れ し は 一 株 一 株 稲 を 刈 る たおれしは ひとかぶひとかぶ いねをかる 水害で、穀倉地帯と言われる地域の、稲刈り寸前の稲が大きな被害を受けました。 救えるものはなんとかしようと、水に浸かって倒れてしまった稲を、立て、水で重くなったものを、一株ずつ鎌で刈り取っていく、とんでもない重労働にある農家があります。 稲を、米を救いた...