い く つ も の 断 念 の 先 今 朝 の 秋

いくつもの だんねんのさき けさのあき

目標を目指し努力して達成できる有能な人もいるけれど、いろんな夢を見て順番につぶれてきたというか、諦めてきたわたしのような人もいるはずです。

あきらめたからって、不幸というわけでもなく、それなりに脇道を来てこんにちに至っているわけで、能力相応といった感じです。

大好きな秋です。

この句も読まれています。

春の宵 すみれねずみの ぬくい雨 いつまでも暮れない春の宵。 生あったかい風が吹く。 そぼそぼと雨が落ちてきた。 すみれねずみ色の雨、群青ではなく、桜色でもなく、...
いのこずち 投げて届けよ 我が想い... いのこずちは、触ったり投げたりすると、衣服にぴたっと付いて、離れません。 セーターなど毛糸ならなおさらです。 自分の想う人にあんなふうにぴたっと、伝えられたらどんなに楽だろうか。...
山 眠 る 今 年 鬼 籍 の 人 も 容 れ 20091207 Kiyosato 1 (yatsugatake) / BONGURI 長く紅葉にあふれていた山も、もうすっかり葉を落とし、常緑樹さえも微妙に色を変え、冬の態勢に入った感である。 見るからに静かにそして大きくなった山は、眠りについた。 今年亡くなったあまたの人びとの想いを包み込み、...
其 処 此 処 に 野 分 窺 ふ 風 の 舞 う... そこここに のわきうかがう かぜのまう 10月の台風。 強い、大きいとテレビが威かします。 まだまだ遠い南の海上なれど、あやしい雲行きです。 雨が降ったり止んだり。 風向きもあっちやらこっちやら。 不穏な空気です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください