い く つ も の 断 念 の 先 今 朝 の 秋

いくつもの だんねんのさき けさのあき

目標を目指し努力して達成できる有能な人もいるけれど、いろんな夢を見て順番につぶれてきたというか、諦めてきたわたしのような人もいるはずです。

あきらめたからって、不幸というわけでもなく、それなりに脇道を来てこんにちに至っているわけで、能力相応といった感じです。

大好きな秋です。

この句も読まれています。

鉄仙の 紫の色 濃く淡く 鉄仙といえば紫、深く濃いのから淡い薄紫まで。 咲く姿はきりっとして、咲き乱れる感はいっさいなく、それでいて美しい。...
鵜 の 釣 果 ( ちょうか ) 客 に 出 さず と 胸 詰 ま る... 鵜飼の鵜ほど、気の毒なものは少ない。 頑張って、修練しても、やはり一度鵜の喉に入った魚は痛むという。 だから客には、別に調達した傷のない魚を提供すると、テレビで言っていた。 遊びのためだけに、鵜を縛るな。 お前ら、きっと天罰が下る。...
ビールなら いやな奴とも 我慢する... 宴会というものは、好きな人ばかりが集うものではない。 席順によっては、もう帰りたいと思うこともある。 でも夏の宵にキーンと冷えたビール飲ませてくれるなら、 ちょっとは我慢しよ。...
蹲 ( つくばい ) に 青 葉 若 葉 の 映 り 込 み... Washbasin / mrhayata つくばいとは、手水鉢のこと。 和風の庭の、むかしはそれこそ茶室に入る客人が、手を洗ったとされる。 お茶のことはわからないので、すべて聞いた話である。 苔むしたつくばいに、水は満杯に注ぎ込まれ、山の緑はいっぱいに、入るだけ映っている。 水の冷たさが、その映り...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください