いつからか 無事に過ぎよと 桜見る

また今年も桜の季節。きれいだというより、来年の桜まで、どうかなんにもありませんように、無事に月日が過ぎます
ようにと思うようになっている。年をとったものだ。人生の懸案事項が人よりも多いからか。

この句も読まれています。

松過ぎて 気合も抜けて 日々過ぎぬ... べつになんの行事があるわけでもないのに、 クリスマス、年末と馬鹿みたいに興奮し、 紅白歌合戦で、ああ今年も終わったと 感慨にふけり、行く年来る年で、どうか 来年がいい年になりますようにと、祈り、 そうこうしてるうちに、一月も半ばになり、 いつものように、もしかしたら、いつも以上に 問題が勃発して、そ...
苗 札 に 指 紋 残 し て 売 ら れ け り... なえふだに しもんのこして うられけり 近所に、とっても素敵な庭木屋さんがあって花や木の苗から植木鉢、門扉などに掛けて飾る針金や金属製の器具まで売っていて、しょっちゅう覗いていたのに、経営者がほかの事業に失敗したとかで、店を閉めてしまいました。 今はドラッグストアになっています。 わたしは一年...
蔦の実の 生るを見つけて 秋最中 蔦に実がなる。黒い小さな実。 秋の本番、枯れる前の少しのあいだ。 色とりどりの葉の中に。 iPhoneからの投稿
行き着けば また同じ橋 春の夢 Dream Bunny 1 / Rohit Chhiber うつらうつらと気分のいい夢 ばかりではなかった。行っても 行ってもおんなじところに戻っ てしまい、焦ること焦ること。 おかしな夢を見るものだわ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください