いつからか 無事に過ぎよと 桜見る

また今年も桜の季節。きれいだというより、来年の桜まで、どうかなんにもありませんように、無事に月日が過ぎます
ようにと思うようになっている。年をとったものだ。人生の懸案事項が人よりも多いからか。

この句も読まれています。

浅漬けの 胡瓜冷たし 秋夜寒 きゅうりの漬物が、冷たく感じられる。炊きたての白いご飯に豚汁と漬物。今日のごはん。
花八手 普通の暮らしの 日々のよに... 普通の暮らしほどいいものはないと、このごろ思います。 毎日がちょっと見ると同じように過ぎていく、でもそんななんでもない日常に支えられて、 人は成長するのだと思います。 一日を大切に丁寧に生きる。 わかっていても、なんかあったらバタバタと慌てて、丁寧どころじゃなく落ち込んでしまう、 そんな自分がいやに...
だからもう 忘れたのに 暮れの春 もう、恋愛はこりごりだって。 ご飯食べられなくなるし、 貧血みたいに、心臓ばくばくするし。 落ち着いて暮らしたいのに、妙に浮き上がるし。 とにかく疲れますから。...
闊 歩 す る 眼 光 増 し て 羽 抜 鳥 夏を迎えて、羽の抜けたにわとりなどを、羽抜け鳥というらしい。 冬の間の、ふさふさの時には、見えなかったものが見える。 まず、意外と高く脚を挙げて歩くこと。 あの脚の動きと、首の動きの連動の無さ、ぎこちなさは変わらない。 毛が抜けたせいか、眼が鋭い。 とさかが大きく見える。 見た目はかなりお粗末ながら...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.