あ の 笑 顔 声 や 青 葉 の 黄 泉 へ 発 つ

あのえがお こえや あおばの よみへたつ

えがおのすてきなひとで、誰にでもよく気をつかってくれる人でした。

はじめての俳句の会で、おろおろしていたわたしに、いちばんに声をかけてくれ、となりへ座るよう言ってくれたのも彼女でした。

突然のことでした。

みんな驚き、寂しさにつつまれています。

この句も読まれています。

芒 原 お ず お ず 赤 き 穂 の 少 し すすきはら おずおずあかき ほのすこし この夏の暑さにもかかわらず、植物は、ほとんど例年通り時季が来れば枯れたり、また芽を出したりします。 今年のススキは気のせいか、暑さに少々おじけづいてそろり様子を見ながら、穂を出しているように感じます。 ススキは初め、赤い穂を習字の筆のように固めた状態で出...
ル ポ 虐 待 ・ 大 阪 ニ 児 置 き 去 り 死 事 件... 著者 杉山春 (すぎやま・はる ) 筑摩書房 2010年7月30日未明、大阪ミナミの繁華街のそばの、15平米ほどのワンルームマンションで、3歳の女の子と1歳8ヶ月の男の子が変わり果てた姿で見つかった。 斎藤芽衣さんは、この2人の子どもの母親だ。 この夏はとびきり暑かった。 子どもたちはクーラ...
し め 縄 に 稔 り の 稲 穂 そ の ま ま に... しめなわに みのりのいなほ そのままに 道の駅のしめ縄コーナーの端っこで見つけました。 稲穂をそのまま。 くるりと巻いて止めただけ。 あまりに質素で、華やかさもなく、でも考えてみれば、これがいちばん贅沢なしめ縄かもしれません。 お米がそのまま実った状態ですから。 むかしの人が見たら、もったいない...
踏 み 切 り の 向 こ う は 見 え ず 梅 雨 出 水... 土砂降りになった。空梅雨などと嘘ばっかり。 少し先も見えない。叩きつけるような雨。 電話も聞こえない。 滝壺のよう。 数年に一度、こんな雨に逢う。 30年ほど前、長崎の水害。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください