あ の 笑 顔 声 や 青 葉 の 黄 泉 へ 発 つ

あのえがお こえや あおばの よみへたつ

えがおのすてきなひとで、誰にでもよく気をつかってくれる人でした。

はじめての俳句の会で、おろおろしていたわたしに、いちばんに声をかけてくれ、となりへ座るよう言ってくれたのも彼女でした。

突然のことでした。

みんな驚き、寂しさにつつまれています。

この句も読まれています。

冷まじき 人を切る眼の 音のして もうあんたとはこれまでと、切り捨てる覚悟の眼の冷たさ まばたきが恐ろしい音をたてて、距離をおく。 そういうものを人一倍感じとる、そんなつまらない能力はある。...
湯 気 立 て の 向 こ う に 見 ゆ る お 多 福 風 邪... ゆげたての むこうにみゆる おたふくかぜ 加湿器のことを、むかしは湯気立てと言っていたそうです。 冷たい蒸気の出るものと、熱い沸騰した湯気の出るものがあります。 わたしは後者が好きで、ずいぶん探しました。 最近では、安全だからと、冷たい蒸気がほとんどです。 ヴィックスという会社が出している...
畑 返 す 土 の 黒 艶 そ の 匂 ひ はたかえす つちのくろつや そのにおい 近年裏作に麦を育てる農家は減った気がします。 秋の終わりから冬の間、土は硬く硬くすっかり固まってしまいました。 また一年が始まるのです。 先ず畔を返す一鋤きが必要です。 機械が入ろうと入るまいと、この一鋤きはなければならないのです。 表面は乾いた硬い土なれど...
冬 木 の 芽 拳 挙 ぐ れ ば 空 碧 く ふゆきのめ こぶしあぐれば そらあおく 葉をすべて落とした落葉樹は、活動を停止して深い眠りについているかのようですが、冬に入る前にすでに、春の芽吹きの準備をすませていると聞きます。 枝々に小さなふくらみのように見えるのは、やがて葉となり花となる部分で、「冬芽」と言われるとEテレの園芸で言っていま...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください