あ あ 言 へ ば こ う 言 ふ 人 の 秋 暑 し

無抵抗。
無抵抗。 / anko.gaku_ula

神さまの配剤か、どんな集団にも、苦手な人は存在する。
10人居れば、ひとりは必ず。
5人居てもひとりは必ず。
3人でも、ひとりは苦手が居るから、まことに困ったことである。
噛み合わない。
笑うところが違う。
軽い冗談を言い合っているのに、真面目に皮肉ととる。
毎日、顔を合わせるのは辛い。

この句も読まれています。

幼 な の 面 目 の 位 置 合 は ず 夜 店 か な... おさなのめん めのいちあわず よみせかな 鉄腕アトムやウランちゃん、今ならドラえもんやアンパンマンか。 プラスチックのお面屋さんの前は、どれにしようか決めかねている子どもたちで繁盛しているよう。 上手く被っても、目の位置がお面の方が離れているみたいで、よく見えないのです。 わたしの頃は、片目だけ合...
胸底の 溜まり水増え 梅雨明ける わたしは人より傷つきやすいのか、弱いのか。些細なことで、青菜に塩、ナメクジに塩みたいになるのは昔から。胸の奥に涙壺があって、傷つくたびに一滴また一滴と雫が落ちる。落ちた時に、ぽたーんと音が響く。弱いんだな。...
寒 夕 焼 水 平 線 を 発 信 源 用事を済ませて帰ろうと外に出た。 冬の夕焼け。 空気が冷たいから、より発色がいいような気がする。 出どころは海。 海の彼方から扇状に広がって、青空と雲を巻き込んで茜色。 もう間もなく早い夕暮れが迫る。 この空に逢えて、今日はよかった。...
詠みながら 始末書を書く 鰯雲(いわしぐも)... 仕事の車をぶつけた。ブロック塀に。 ミラーが折れてしまった。 まったく不注意、しかしながら起きてしまったことは しょうがない。 職場会議でさんざんごめんなさいしたあげく、始末書。 さっさと書いてはいけない。時間をかけてしみじみと書かなければ。 またワーワー言われる。 一行書いては、一句。また書いては...