あ あ 言 へ ば こ う 言 ふ 人 の 秋 暑 し

無抵抗。
無抵抗。 / anko.gaku_ula

神さまの配剤か、どんな集団にも、苦手な人は存在する。
10人居れば、ひとりは必ず。
5人居てもひとりは必ず。
3人でも、ひとりは苦手が居るから、まことに困ったことである。
噛み合わない。
笑うところが違う。
軽い冗談を言い合っているのに、真面目に皮肉ととる。
毎日、顔を合わせるのは辛い。

この句も読まれています。

リップサービス せずと決めたり 吾亦紅(われもこう)... ついつい雰囲気を読んで、和やかにできるよう気を使う癖がある。 人は皆そこに付け込む。 余計なことはいっさい言わないことにした。 どんよりしようが、張り詰めようが知ったことではない。 ただ黙々と自分の仕事を片付けるだけ。...
空 高 し 夏 の 終 わ り の バ ス が 行 く... ボンネットバス / naitokz 空気が澄んでいる。空が高い。 地域循環のコミュニティーバ スは、大きさはマイクロ、色 は空と同じ水色。路線バスが 入らない路地を縫うように走 る。すこし小ぶりのバス停が あって、一時間に三本くらい の本数だから、忙しい人には 向かない。便利なところは、 地域に一...
埋 み 火 ( うずみび ) の め ら と 炎 を 隠 し 持 つ... とうに自分の中では気づいているいろんな想いを 今は見ないふりをしている。 人間というものは、瞬時にあらゆることを頭に描くものだとしみじみ思う。 考え方には、人それぞれクセがあるようで、わたしは、自分が傷つかないように、用心用心して、足を踏み出すようにしている。 それでもなお驚くような番狂わせはあるも...
夏至過ぎて 日暮れの街の 石畳 日暮れが遅い、夕方が長いのは、とてもうれしいことです。 町中がセピア色、風はまだ涼しい。 猛暑の前の、つかのまのいい時間...