あれほどの 人も驕る(おごる)か 秋時雨(あきしぐれ)   

n人間って、調子のいいときは図に乗るものです。あたしみたいな愚か者は。と思っていたのですが、私だけではないようです。人生がうまくいっているときって、ほとんどみんな調子に乗って、人の気持ちに鈍くなるみたいです。あんなに思いやりのあった人が、ふつうのひとになってしまっていることに、がっかりしました。そういうものか。だったら、あたしが、じんせい失敗したのを、何年も悔やんでもしょうがない。多かれ少なかれ、そんな傾向は人間にはあるのかもしれない。謙虚に謙虚にを、モットーに生きるつもり。あんな立派な人でも、絶頂期には、自分が人を傷つけていることに気がつかないんだなと、みょうに納得、むかしの言い訳にした。

この句も読まれています。

サー カ ス の う し ろ は い つ も 大 枯 野... circus / potaufeu むかし矢野サーカス、キノシタサーカスはたしか今もあるようです。何故か哀愁を感じるのです。ボリショイサーカスには、そんな感傷は感じなかったのですが、日本のサーカスは、どんな人が、いくつの頃から、どんな稽古を積んだのだろうとか、どうしてもむかしのイメージが払拭できない...
ああいつか ほっとしてみたい 春時雨... 今明け方、雨。わたしは何かしらいつも重い懸案事項を抱えている。ときに重苦しくて、こうして夜中に目が覚める。外は春の雨。なにも考えず、ただ雨の音だけ聞いて眠れる夜が来ればいいのに。...
加 害 者 家 族 鈴木伸元 著 幻冬社新書193 頻発する犯罪により、被害者だけでなく、その家族までもが、その後のマスコミによる取材攻撃によって、二次被害を受けることが多い。 一方で、忘れられがちだが、こうした事件の数だけ、加害者の家族も存在している。 誰もが「自分は加害者家族にはならない」と思っているはず。...
妖 し か り 狐 百 匹 奥 稲 荷 あやしかり きつねひゃっぴき おくいなり 太宰府天満宮で、吟行の会があり、天満宮を訪れたのですが、もう何十回も行ってるはずなのに、知らないところがいっぱいあって、とても驚きました。 右手に遊園地を見下ろす高台には、稲荷神社があります。 狛犬ではなく、キツネが左右に陣取って、一匹は何か巻物を咥えてい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください