あれほどの 人も驕る(おごる)か 秋時雨(あきしぐれ)   

n人間って、調子のいいときは図に乗るものです。あたしみたいな愚か者は。と思っていたのですが、私だけではないようです。人生がうまくいっているときって、ほとんどみんな調子に乗って、人の気持ちに鈍くなるみたいです。あんなに思いやりのあった人が、ふつうのひとになってしまっていることに、がっかりしました。そういうものか。だったら、あたしが、じんせい失敗したのを、何年も悔やんでもしょうがない。多かれ少なかれ、そんな傾向は人間にはあるのかもしれない。謙虚に謙虚にを、モットーに生きるつもり。あんな立派な人でも、絶頂期には、自分が人を傷つけていることに気がつかないんだなと、みょうに納得、むかしの言い訳にした。

この句も読まれています。

暮れぬ夜の 紫の空 黒い底 昼が長い。なかなか暮れようとしない空は、薄紫色、すこしずつ、すこしずつ濃くなる。 森は暗く黒く、底しれない色に変わっていく。小さいコウモリが集団で飛んでいく。 いい季節。...
腰 引 き て ね ず み 花 火 に 点 火 す る... こしひきて ねずみはなびに てんかする 家庭用花火セットの、上等には今もネズミ花火が入っています。 子どもの頃から恐ろしかったけれど、今も全然変わっていません。 チャッカマンだから、マッチよりはずっと楽になった気はしますが、あのシュルシュル回る、それもどちら向きに回るのか見当もつきません。 火を点...
なまこ切る 一月深夜 台所 なまこにはいろいろな種類があって、食べられないものもあるらしい。 店に出てるものしか知らないから、全部食用だと思っていた。 凍るように寒い夜、まな板の上で、ぬめぬめと扱いにくいなまこを切った。 かなり苦戦した。 最高のつまみを得るためには、労は厭わない。...
重 篤 と 見 舞 う て 花 の こ と 話 し... じゅうとくと みもうてはなの ことはなし もうこれが、最後の見舞いになるかもしれないと思えば、胸が詰まります。 ついつい必要以上に明るくして、あとになって、不自然だったか、かえって疲れさせたかと悔やむことしきり。 サクラの開花具合など、つまらないことしかあたまに浮かばないのです。 話したいことは、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.