「 累犯障害者 」 ( 3 )

刑務所の中では、今でも「懲罰」が行われる。
規律違反を犯した受刑者に対して。
独房での閉居、作業賞預金没収、食事量減量など。
ただむかしと違うのは、突如一方的ではないこと。
「懲罰審議会」

知的障害者の場合の例
「〇〇さんを思いっきりぶん殴りました」
事実は逆で、ぶん殴られたのは、彼だった。
調書に 捺印までする。

自分にとっての、利益、不利益がまるで分かってない。
自白調書に強く依存している我が国の刑事司法のなかで、彼らがその特性ゆえに取調べや公判において、事実と反する供述へと強引に誘導される場面はないだろうか。
結果的に無実の罪で服役している知的障害者も、少なからず存在するのではなかろうか。

ろうあ者
1997年7月、岡山地方裁判所が、「窃盗罪」に問われていたろうあ者の裁判において公判停止を決定する。
当時62歳のこの男性は、やはり字の読み書きも手話もできなかった。
小学校にも通っておらず、成人前から浮浪者のような生活を送っていたらしい。
そんななか、ある鉄工所に侵入し600円を盗んだとして、逮捕・起訴される。
裁判が始まる。
検察官と手話通訳者とのやり取り。
「被告人に、黙秘権という言葉は通じますか」
「いいえ、通じません」
「それでは、『話しても話さなくてもいい』ということぐらいは、通じませんか」
「『ぐらい』どころではなく、手話が全く通じないのです」
これでは、裁判にならない。
生まれながらに聴覚障害を抱えていながら、教育にも福祉にも全く繋がっていなかった。
公判停止、控訴取り下げから3ヶ月後、一生を終えた。
福祉的支援が届いてさえいれば、被告人になることもなかったのではないか。

ろうあ者だけの「 組 」
「主文、被告人を懲役11年に処する」
男は27歳、ある指定暴力団の傘下に属しており、その組長であった。
最初の逮捕は、大阪市内のろうあ者を脅迫し、現金400万円を奪い取ったことによる。
「障害年金を担保に金を借りて、払え。払わないと殺す」
その後、ろうあ者ばかりを狙って、次から次。
ターゲットはすべてろうあ者。
しかしながらこの事件をマスコミは報道しなかった。
ろうあ者団体による抗議声明も出されていない。
理由は、男もまた、生まれながらの、ろうあ者だったからである。
男が率いる暴力団の構成員は、全員がろうあ者だった。
加害者、被害者ともにろうあ者である事件は、意外と多いとのこと。

「中国で治療を受ければ治る」など。
犯罪者は、「 ろうあ者の集い 」などに積極的に参加し、そうした中で標的を選んでいた。
「 ろうあ者同士は、信頼されやすい 」と供述している。
「ろうあ者団体の名簿から、金を持っていそうな人を探し出した」とも言っている。

同様の事件は増え続けており、塀の中に入るろうあ者も増え続けている。

ろうあ者が被告人となる事件の容態を見るところ、彼らもまた大きなハンディキャップを有している。
そのハンディをつくりだしているのは、実は聴者社会ではないか。

ある聾学校の校長の話。
「 可哀想なんですが、耳の不自由な人たちは、我々ほど知識を得る力がないんです。
我々の仕事は、耳の聞こえない子供たちをいかに健常者に近づけるか。
タイヘンですよ。我々は 」
教育者が平気で、差別的発言をする。
いちばん大きな問題を抱えているのは、この教育現場ではないか。

聴者がつくりだしたろう教育において、ろうあ者たちは、知識や常識を得る機会を、どんどん削ぎ落とされている。

いまの、ろう学校では手話を公式な言語として認めておらず、口語中心の教育がなされている。

耳が不自由で、正確な声や音を聞き取ることのできない子どもに、無理やり声を出させ、徹底的に発音教育を強いるということが行われている。
口や舌の形が間違っていれば、口の中に手を突っ込まれたりもする。
しかし、声を発している本人たちには、お手本の発声も、自分の声も聞こえないのである。
やってることが的外れとは思わないのか。

この句も読まれています。

選定を 忘れて秋の 蔦(つた)三昧(ざんまい)... 夏の間に伸びた蔦や雑草がはびこって、まるで廃墟。この夏は特に暑かったから、体調もすぐれず、これ以上だめにならないよう、草もとらず、また異常に蚊が多くて、外にも出ず。秋になって、もう蔦は色づいて、ススキも終わってしまって、大好きな季節が刻々と終わりにちかづく。もったいないこと。少しずつ頑張って、なんと...
置 き 屋 な る 色 気 纏 ひ て (まといて ) 京 紅 葉... Kamishichiken Maiko / Japanexperterna.se 芸者さんを派遣するところを置き屋というらしい。美しい、珠玉の芸妓が溢れるほど出入りするらしい。若い日の若尾文子みたいな人がいるのだろうか。そうでもないのか。映画の世界では、置き屋のお母さんは杉村春子だったり、新珠三千代...
春 の 雨 大 方 の こ と は や り 過 ご し... いろいろあるけれど、どうしても言わなければいけないことだけ伝え、あとはもう放りっぱなし。 寒くはないけれど、花を散らす雨が降り、気だるいというか、物憂いというか。 ともかく今日でなければいけないことだけ片付けることにしている。...
年忘れ 苦手な人の ランキング いろいろいるんです。 こそっと上司にお土産やなんか渡す人、 ああ~んと身をよじらせながら、きれいごとを言う人、 あたしのほうが先輩なのに、アンタって言う人 そりが合わないっていうか、 あたしはむりに合わせないようにしています。 心が疲れるからです。 パパッっと弁当食べて、あとは倉庫みたいなとこで、 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です