「田中慎弥の掌劇場」

田中慎弥の掌劇場
痛快丸かじり。世間の、NHKの、甘くてうっとおしい思いやりや優しさやうるわしさに、吐きそうになっていたとき、というよりそういう自分に完全に気がつく前の、何というか居心地の良くない、なんか違うんだけど、それをうまく言葉にできないもどかしさを感じていたこの頃。田中慎弥は、見事に言い揚げてくれた。ウソっぽい気持ちのわるいものを、気持ちわるいと宣言してくれている。はまって何冊も読んだ。わるいけど、図書館で借りた。新聞の日曜版の連載は楽しみにしている。この人を嫌う人は多いだろうと思う。まっ嫌いなら読まないか。

田中慎弥の掌劇場
田中慎弥の掌劇場

posted with amazlet at 14.05.09
田中 慎弥
毎日新聞社
売り上げランキング: 347,065

この句も読まれています。

ぽったりと 八重の桜は 枝しなる 八重桜はずいぶんとおくれて咲く。色が濃く、重い感じがする。満開になれば、花の重みで枝がしなるほどに見える。 あまり誉められもしないが、「あたしはあたし」って感じ。...
炬 燵 舟 船 頭 唄 ふ お 立 ち 酒 こたつぶね せんどううたう おたちざけ 柳川の掘割をゆく川下りの舟に、コタツが入ったそうです。 コタツ舟と言います。 船頭さんは、年配で、ベテラン、当地の歴史にも強く民謡も上手です。 「お立ち酒」 宮城県民謡。 嫁に出す娘を思う親の心情を唄ったものです。 「 お前、お立ちか。身を大切に...
竹 の 秋 一 脈 の 風 逃 す ま じ たけのあき いちみゃくのかぜ のがすまじ 春は竹にとっては秋にあたるといいます。 筍がアタマを出す頃、激しく葉が落ちるのです。 孟宗竹の林は昼間も影が多く、下では吹いてない風を捉えます。 竹の擦れ合う音は涼しげで、下で憩う者を和ませます。...
傘 さ し て ち ょ い と 茗 荷 を 三 つ 四 つ... かささして ちょいとみょうがを みっつよつ お昼はそうめんにする。 庭の隅のミョウガを要る分だけ採って来ます。 雨のなか、パキパキと折って急ぎ足で帰ってきます。 サクサク切れますが、いちばん外側だけは、ちょっと切りにくいのです。 そうめんにはいちばん合うと思います。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください