「田中慎弥の掌劇場」

田中慎弥の掌劇場
痛快丸かじり。世間の、NHKの、甘くてうっとおしい思いやりや優しさやうるわしさに、吐きそうになっていたとき、というよりそういう自分に完全に気がつく前の、何というか居心地の良くない、なんか違うんだけど、それをうまく言葉にできないもどかしさを感じていたこの頃。田中慎弥は、見事に言い揚げてくれた。ウソっぽい気持ちのわるいものを、気持ちわるいと宣言してくれている。はまって何冊も読んだ。わるいけど、図書館で借りた。新聞の日曜版の連載は楽しみにしている。この人を嫌う人は多いだろうと思う。まっ嫌いなら読まないか。

田中慎弥の掌劇場
田中慎弥の掌劇場

posted with amazlet at 14.05.09
田中 慎弥
毎日新聞社
売り上げランキング: 347,065

この句も読まれています。

ほ お づ き や 仏 の 帰 る 道 に 月 ほおづき1 / mersy 盆が過ぎた。 世間は、戦後70年の回顧録一色。 墓参りに行った。 やたらジュースやお菓子が上げてあるお墓があって、気になって石の裏を見た。 享年13歳とあった。 若すぎる小さい仏さまの行く末を、この世から心配してのことだろう。 いろんな人生があるのだろうけれど、残された...
啻 な ら ぬ 猛 暑 今 こ そ 物 捨 て よ... ただならぬ もうしょいまこそ ものすてよ この暑さ、体温をはるかに超えて、吸う息の息苦しさ。 今なら、何も考えずに、不用品を捨てられる。 ああだこうだと理屈を言わず、さっさと捨てよう。 片付けよう。 自分が思っているほど、物は要らない。 どうせ死んだら、捨てられる物ばかりじゃないの。 この暑さだか...
耳 納 山 稜 線 豊 か 山 眠 る みのうさん りょうせんゆたか やまねむる 耳納山系、久留米市から大分県の県境まで続く比較的穏やかな山地です。 耳納山、鷹取山、高良山どれも登りやすい山で、特に高い山はありません。 なだらかに続く尾根が特徴で、湧き水には定評があります。...
夏 怒 涛 島 を 洗 ひ て に べ も な し... なつどとう しまをあらいて にべもなし 夏なみの激しさ。 おそらくは一年中激しい波がぶつかっているのでしょうが、海を見ることの多いこの季節になると、さらに恐ろしさを感じます。 ときには穏やかにあってほしいと思うくらい、ぶっきらぼうに烈しいのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください