「田中慎弥の掌劇場」

田中慎弥の掌劇場
痛快丸かじり。世間の、NHKの、甘くてうっとおしい思いやりや優しさやうるわしさに、吐きそうになっていたとき、というよりそういう自分に完全に気がつく前の、何というか居心地の良くない、なんか違うんだけど、それをうまく言葉にできないもどかしさを感じていたこの頃。田中慎弥は、見事に言い揚げてくれた。ウソっぽい気持ちのわるいものを、気持ちわるいと宣言してくれている。はまって何冊も読んだ。わるいけど、図書館で借りた。新聞の日曜版の連載は楽しみにしている。この人を嫌う人は多いだろうと思う。まっ嫌いなら読まないか。

田中慎弥の掌劇場
田中慎弥の掌劇場

posted with amazlet at 14.05.09
田中 慎弥
毎日新聞社
売り上げランキング: 347,065

この句も読まれています。

も て 話 自 慢 し 過 ぎ て 水 中 花 むかしもてた話、繰り返し繰り返し。 「どこが良かったのかしら?」なんてね。 どんな内容、分野であれ、自慢話はうんざりされる。 追っかけがいたそうな。 わたしには、夢の世界。...
山 眠 る 今 年 鬼 籍 の 人 も 容 れ 20091207 Kiyosato 1 (yatsugatake) / BONGURI 長く紅葉にあふれていた山も、もうすっかり葉を落とし、常緑樹さえも微妙に色を変え、冬の態勢に入った感である。 見るからに静かにそして大きくなった山は、眠りについた。 今年亡くなったあまたの人びとの想いを包み込み、...
陰もなし 遺跡発掘 汗しとど 発掘の人たちは、ツバの広い布のぼうしに、タオル、手は腕カバーみたいなものをして、 深い穴を掘っていた、柱の跡でもあったのだろうか。 下で掘る人、土を受け取る人、一輪車に載せて、捨てに行く人。 ジリジリと暑い。...
芋 天 は 吸 う 息 で 喰 う 目 白 黒 いもてんは すういきでくう めしろくろ 遠いむかし。 まだ母がうちにいたころ、サツマイモの天ぷらの揚げたてを食べるのが楽しみでした。 母は新聞紙に揚げたてのサツマイモをのせ、わたしもまだ熱い出来たてを新聞紙にはさんでフウフウ言いながら食べたものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください